<< 苦手意識 今年のGS4daysは? >>

リアットブレースで気分は地獄巡り

■週末は久々にバイクに乗る…GSセントラルのツーリングに行って来た。ルートはいつも愛知の林道を周回。

■4月の岐阜ツーリング以来のライディングで、しかも床に伏していたため体力が著しく低下していた。最初はスタンディングするにも膝がよわよわで立つ事すら困難だったり…。

■そして、TBI前に買ったリアットブレースADVを付けて行ったのだが…ホンダのインナープロテクターと激しくマッチングが悪く胸が圧迫される。しかもリアットブレースが浮き気味になって首が回らんの二重苦になってしまった。前半我慢して走ったが、あまりにも苦しくて後半は胸のプロテクターを外してしまった。ただでさえ、体力低下で調子悪いのに、さらに状況が悪化してしまった。
e0160817_23423928.jpg


■これの原因は、元々、リアットブレースは脊髄パットの下に入れるように設計されているところをジャケットの関係で上に出して装着しているせいだろう。調整器具で前後長を最大にしても長さが不足しているようだ。一応、同じADVを買ったM山さんからレクチャーを受けたところ、背中側のホルダーの角度を付属パーツで多少角度を変えれるらしい。帰宅してから試してみたけど、なるほど、ブレースの浮きも抑えられ胸が圧迫されるまではなくなった。でも、余裕がなく、胸のプロテクターが常に押されている状況は変わらず。次回はこれで走ってみて、まだ我慢出来ない場合は新しいプロテクターを探すしかあるまい。UFOのプロテクターがリアット用に出来ているというので試してみるか?

■この日は案内のJJさんが頑張ったおかげで、なんだかんだでスリッピーでツイスティな愛知の林道をたっぷりと走りました。岐阜ほどじゃないけどさすがに疲れた〜病み上がりだしね〜

■ライディングの方が良いヒントが得られたので次回の練習に生かして行こう。

■しかし、もっと少し走り込みしないと北4でへばりそうだ…
[PR]
by hpn1043gs | 2009-05-25 23:44 | HP2 Enduro
<< 苦手意識 今年のGS4daysは? >>