<< 八の字練習 リアットブレースで気分は地獄巡り >>

苦手意識

■実は僕はエンデューロが苦手です。本当はキライと書こうかと思ったけど、誤解される恐れがあると思って止めた。だって、エンデューロという競技自体はその成り立ちも含めリスペクトしているし、エンデューロマシンという存在はホレボレするほど大好きだ。BTMのエンデューロの記事も毎月楽しく読んでいる。

■たぶん、エンデューロという競技を自分でやるということに苦手意識を感じているんだろうな。昔は毎年レイドカムロに出たり、たまには草エンデューロに出たりしていたはずなんだけど。でも、たぶんどこか飽きていたのでしょう。レイドカムロが終わったら、同時に普通のオフロードバイクにも飽きて、ビッグオフ→GS路線で遊ぶようになった。(ちなみにトライアルとかモトクロスとかはいつかやってみたいという気持ちが常にあり、いつもいつやるかということで夢想してます。)

■そんな流れでエンデューロとも縁遠くなった。なんで苦手意識を持っているかわからないが、決定的に違うと感じたのは、オープンエリア祭りに行ったときだ。そのときはかなり濃い偏った人たちが集まっているとは感じた。ただでさえ厳しいコースで雨が降って来たら、昼飯もそこそこに嬉々として走りに行く…すみません、僕は一生そういう精神構造になれないと思う。

■ところで、KTM125EXCを買ったのは、エンデューロマシン自体に興味があって、エンデューロに出ようと思って買った訳ではない。HP2を買ってから出番が減ってしまって最近あまり乗っていない。マシンとしてはおもしろいのだけど、よく行く林道ではイマイチ使えないですから。でも練習用マシンは必要だし、誰か4ストと交換してこれないだろうか?

■でも、KTM125EXCを手放す前に苦手意識を越えてエンデューロに出てみようかと迷う。そんな風に考えるのは多少未練でもあるのかもしれない。うまくなりたいという未練はありますが…。一方で自分が楽しいと感じる事を一生懸命やれば良いんじゃないかなとも思う。もう若くもないしガムシャラにうまくなりたいという想いはない。いい加減、練習のための練習もどうかな?と感じて来た。例えば、ビッグオフにうまく乗るために小さいバイクで練習する。それは当然で効率の良い話だ。小さいバイクの乗る事も楽しければ良いけど、もっと楽しい事があるのにそれをやらずに練習のための練習に精を出す。もうそういうモチベーションは保てなくなってしまった。体が動くまで大好きなビッグオフに乗って林道をかっとばしていれば…それはそれで良いような気がする。

■素直にKTM125EXCを売っぱらってHP2のホイールでも買うのが一番すっきりするのかも。
[PR]
by hpn1043gs | 2009-05-28 21:51 | KTM125EXC
<< 八の字練習 リアットブレースで気分は地獄巡り >>