<< どろんこ祭り 2009 宝の持ち腐れ >>

リアキャリア骨折

■HP2のサブフレームを連結しているリアキャリアマウントだが、先日、骨折したことを書いていたと思う。別に転けた衝撃で壊れた訳でも、重い荷物を載せた訳でもない。おそらくはダートランの振動だけで壊れたのだろう。ちょうどボルト穴の部分からパックリ逝った。自分に限らず、仲間のHP2のキャリアも壊れた話はよく聞いている。

e0160817_2342495.jpg

■つまり、対策を施さないとまた壊れる心配があるということで、ここはこの件に関しても経験値の高いうなぎさんに修理をお願いした。ちなみにこの部品はアルミ製だ。折れてしまったボルト穴が付いている部分を新たに作って、さらに折れたパイプを支えるように補強が入っている。かなり丈夫そうになったので、これで一安心というところ。HP2は既に生産中止したモデルなので、今後の対策は期待出来ないけど、全くないという訳ではない(微妙なパーツの対策はされている)。でもここはどうなんだろ?

e0160817_2345511.jpg

■直ったら、早速走ってみたくなる訳で、先日の休みに少し走って来た。しばらくぶりのHP2は、軽い690EDに乗っていたせいで走り出しは少し重く感じたが、それもすぐに慣れた。タイヤは3分山もなかったが、先日気づいたグリップ向上スキルを試すのにちょうど良い。いつも高速林道に行って早速試してみた。そして、今まで悩んでいたいくつか課題に関して、満足な回答を得る事が出来た。ひとつは立ち上がりの滑り出しを抑えること。緩やかな高速コーナーでの恐怖心の克服。今までの試行錯誤中に好調と不調の波があった訳。全て、共通の項目から答えが導き出せる。



謎は全て解けた!



これはさすがに言い過ぎだけど(^^;;; 気分的には解決した感じですっきりした。結局、自分はずっと間違った方向で努力していた訳で、それじゃいつまで経ってもうまくはならないはずだよなぁ…。

■もっとも、答えが分かったと言ってもすぐに速くなるわけでもなく、そのスキルをきちんと使いこなせるようにならないと駄目だ。でも、方法自体は特に難しいということはないので、ソレを意識した走り込みで体に覚え込ませることで改善されるとは思う。なにより、良い方向に進んでいるとき、うまく回っているときの練習は楽しいよねぇ。次は新品タイヤで走ってみたいな。
[PR]
by hpn1043gs | 2009-10-01 03:12 | HP2 Enduro
<< どろんこ祭り 2009 宝の持ち腐れ >>