<< 東京モーターショー2009 岐阜ツーリング準備 >>

秋の岐阜ツーリング

■先週の土日はGSセントラルの仲間と恒例の岐阜ツーリングに行って来た。

■今回の目玉はレア車(?)のKTM950SERが3台もいて、しかも最大勢力となっていること。いつもは多いHP2勢は今回は参加者が少なく劣勢でした。

■今回も泊まりのツーリングで定宿になりつつあるコーテージにトランポを置いてからスタート。まずは案内者のK頭さんを先頭に中腹林道へ向かう。なんとなく適当にスタートしたら2番目に付いてしまったが、中腹林道ははガレガレのタイトコーナーも多いテクニカルな林道で、自分も多少苦手意識のあるコースである。まずは後ろについて様子を見てれば良かったと思ったが、塾長の後ろに付くと勉強になるし、このままで行く事にした。

■いつも中腹林道で苦労させられるのはタイトなターンにある砂利だ。無駄にパワーのあるHP2では前方向にトラクションさせるのが難しく、横にケツが滑り出してしまってワンテンポのツーテンポも加速が遅れてしまう。しかし、最近トライしている走り方で走るとこれが見事に解消した。リヤタイヤが路面をしっかり噛んでくれる。おかげで苦手だった路面なのに走っていて楽しくなって来た。一方で、フォームが付け焼き刃なせいか、路面の良いところだとまだちゃんとスピードが乗せられない。グリップ力が増しているので速く走るには今まで以上速い進入速度が必要なのにそのちょうど良い具合が分からない感じだった。まあ、その辺はみんなと走って徐々に慣れて行けば良いだろう。

e0160817_2332618.jpg


■昼休憩の後、午前中サスセッティングに苦労していたK瀬さんがどうやらセッティングが決まったのか、飛び出して行き、SERに乗ってまだ3回目だからと言って様子見をしていたオッジーさんにも先に行ってもらった。後ろからヒュンヒュンVツインの音が聞こえるのは落ち着かなかったので助かった(笑)。オッジーさんの走りも見て少しでも勉強させてもらいたかったが、最初のコーナーで爆発するような砂利の雨が降って来たので、ビビって伏せたら一瞬で見失った…。気を取り直して、気合いを入れて走ってたらなにか違和感が…。止まってみるとクラッチのリザーバータンクの蓋がない!中のオイルもほとんど飛んでしまい、腕とバイクに掛かっていた。ロックが付いているはずなのになんで走っているだけで外れるんだよ〜。とりあえず、クラッチはまだ切れるのでガムテープで蓋をして、クラッチにエアが入らないようにそろそろと走ってみんなと合流した。

■みんなと合流してから、じゃ行くかとなったのだけど、いつの間にかもう一人足りない。私のトラブルに隠れてサワディさんのSERが誰にも気づかれずにパンクしてたらしいです(笑)

■自分は隊列の後ろからソロソロと走って、全員で道の駅に到着。近くのスタンドで適当なオイル(クラッチ側はミネラルとのこと)を補充して再合流した。でも、帰ってくるとみんなの雰囲気がマッタリしていて今日はもう宿に帰るとのこと。(せっかくやる気で戻って来たのに…)

■まあ、そのときは翌日もあるさ〜という気分でOKだったのだが、翌朝、汗で体を冷やしたのか自分は体調を崩してしまった。もちろん、無理はせず大人しくそのまま帰りました…。他のみんなは翌日も楽しく走ったようです…。

■自業自得なんですが、途中盛上がったせいか、なんか凄く走り足りない気分…。
[PR]
by hpn1043gs | 2009-10-27 23:25 | HP2 Enduro
<< 東京モーターショー2009 岐阜ツーリング準備 >>