<< TBI練習 in 三河 2010年謹賀新年 >>

サンドラン 2010年

■冬にバイクに乗ると道が凍結してたり雪が積もっていたりと、どうにも活動が制限されてしまう。一方で冬だけおもいっきり走れるステージがある。しかもビッグオフをフルパワーで使える機会でもある。

■恒例になった冬のサンドラン。暖かくなるとビーチが混み始めるので、思いっきり走るなら、この時期がベストなのです。遊び方はひたすら西に向かって走り、また戻ってくる。大体、往復で60キロくらい走れるんだけど、13Lのタンクが空になりそうだった…。どんだけ燃費悪いのか…? 今回は砂が重かったせいもあるけど、200キロ級のビッグオフは砂に浮かないから砂を掘削しつつ走っている感じ。600ccクラスの軽量バイクだったら車両が浮く感じで走るのだろうけど。

■ただ、真っ直ぐ走るだけでは飽きてくるので、デコボコの小山や轍などがあるインフィールドに入って遊んでみる。ビッグを走らせるにはなかなかテクニカルなのだけど、HP2だと意外に走れるためSERと追いかけっこして楽しんだ。こういう状況のサンドというものは常にフロントが振られまくるのだけど、腕で抑えるより体でバランスを取る反応が早めに出来るようになっていたようで、あまり腕に負担が掛かるようなことはなかった。以前なら腕がピキピキ逝ってただろうけど、少し成長したのかも??おそらく、バイクを立てて曲がろうとすると腕に負担が掛かるけど、どんなに路面が荒れてたりデコボコだったりしても、バンクさせるという意識を持ったことが良かった…と考察してみた。あと、フロント荷重の抜き方、アクセルの開け方のコツがなんとなく分かってきた気がする。やっぱりサンドは練習になります。

e0160817_2363892.jpg


■なお、今回の参加車両はHP2×2、950SER×2、640SXC、KLE400でした!
[PR]
by hpn1043gs | 2010-02-08 23:35 | HP2 Enduro
<< TBI練習 in 三河 2010年謹賀新年 >>