<< G450X メンテナンスサイクル ELD試走と690ED >>

G450X 納車

■エンデューロマシンがほしいほしいと言ってきたが、結局コレを購入した。

e0160817_2355919.jpg


G450X …ちなみに新車です。(2年も経って新車が残っていたのが驚き?)

■毎年の新型マシンの開発競争が激しいエンデューロマシンの市場では、コアキシャルシャフトの後継機種TE449が発表された現状では既にG450Xの役割は終わっていると見てもおかしくない。元々、BMWがエンデューロマシンに手を出したのは若年層を取り込むため。一方で、ハスクを吸収、リーマンショックを経て、BMWは単独でエンデューロマシンを持つことにメリットがなくなったと考えているのだろう。実際、欧州のディーラーはBMWとハスクの合同ショップ的になってきてるとのこと。つまり、ハスクのエンデューロマシンを求める若者は隣に置いてるBMWも身近なものとなっていて将来的なユーザーとして確保されるのだろう。そうした手段によりBMWの当初の目的は果たせるはずだ。

■また、一方で日本では規制が厳しくなり、型式認定取得に切り替えたBMW Japanがグレーな形でエンデューロマシンを輸入することはないだろう。

■ということでG450XはBMW最初で最後のエンデューロマシンになったのかな〜と考えるととりあえず買っておくかという風に思った訳です。

■自分はバイクに存在理由(レゾンデートル)を求めるので、そういう意味ではクリアしているマシンだと思う。それが機構なり、歴史なり、思いなり…なにかしらバックグランドがあるバイクは飽きないバイクです。

■ノーガキはともかく先週末に納車されたので、早速、近所の河原を走ってきました。


…続く
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-07 00:34 | G450X
<< G450X メンテナンスサイクル ELD試走と690ED >>