<< オーナーズマニュアル電子データ VFX-W購入! >>

G450Xの気になったところ

■前回はG450Xの良い事ばっかり書いたけど、イマイチなところもあるのでちゃんと駄目出ししておこう。

■まず、先日少し乗って帰ってきたら、エンジンがクーラントまみれに…

暑いからクーラントが吹いちゃうのは仕方ないけど、リリーフ配管をエンジンぶっかかるようにしないでくれ…。

→対策:ラジエターリリーフ配管の見直し。リザーバータンク設置。

e0160817_22474956.jpg


■エアクリーナーボックスの開口部から草とか虫とか色々入ってしまいそう…。あと、雨の日は大丈夫なのか?

→対策:とりあえず、網でも付けてみる。

e0160817_2317427.jpg


■ホーンが絶対打っ壊れそうな位置にある。

→対策:場所を移動。あるいは小さなホーンにするか?

e0160817_23195081.jpg


■シートが硬すぎる…。

→ただし、硬いけどフラットで荷重が掛けやすくコントロールがし易いメリットもある。これは乗り込んでみないと良いかどうかは判断は出来ないかな?ケツは絶対痛くなるだろうけど。

■燃焼タンクの残量が分からない。リザーブなったら警告灯は点灯するらしいがやっぱりシースルーで見えて欲しい。

→対策:speedbrainのシースルータンクに交換。

■クラッチがワイヤー式で重い。

エンデューロマシンと言えば、油圧クラッチでしょ?? クラッチ減ってもタッチの変化が少ないし。

→対策:TE449が油圧クラッチみたいなのでそのパーツが流用出来ないだろうか?まあ、最悪、マグラとかから出ている汎用油圧クラッチが使えると思う。

■細かいところだけど、パッと気が付いたところです。これは、今後、対策していきたい。他にも気づいたらメモっていこうと思う。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-09 23:33 | G450X
<< オーナーズマニュアル電子データ VFX-W購入! >>