<< お山遊び再び チュブ☆リス >>

フロントスプロケット交換

■昨日は軽くフロントスプロケット交換なんて書いたけど、G450Xはコアキシャルシャフトなんで、フロントスプロケットを交換するのはスイングアームを外す必要があって面倒なんです。やはりG450Xに乗るにはそこは避けて通れないので頑張って自分でやってみた。

e0160817_0362053.jpg


■これでリンク式だったらもう泣いちゃうけど、幸いサスペンションはリンクレスなんで助かります。やっぱりリンクレスの良いところは整備が楽なところだな。プログレッシブよりこっちの方がメリットあるかもね。それはともかく、スイングアームを外してみたらシャフトがやたらに細い。こんなので大丈夫かなと思っていたら、大丈夫じゃなかった。かなり当たりがきつい箇所がある。当たりがきついというより、表面処理の皮膜が剥けてムシれていた。ちょうど、フロントスプロケットが回転する辺りか?たぶん、少しスイングアームシャフトがたわむと回転部分と当たるんじゃないかと思う。それにここはグリスの充填があまり良くないところみたい。グリス用の穴はもう少し外側に空いているけど、問題の箇所までなかなか充填されそうにない。かと言って穴を当たりの強いところに移動させると、力が掛かるところだから、ちょうどそこからクラックが入りそうだ。

e0160817_0432636.jpg


e0160817_0365390.jpg


■ディーラーに聞いてみると他の個体も全部こんな感じみたいです。根本原因はシャフトが細いせいだろうし、潤滑も良くないし対策も難しいなぁ。一応、表面処理を変えてWPC+DLCを試してみたい。調べてみたら個人向けでもやってくれるところがあるみたいなんで。

■実際、フロントスプロケットを交換みた感想。作業的には面倒ちゃ面倒だし時間も掛かったが、慣れてコツが分かればもう少し早く出来ると思う。そういえばBMWのワークスチームでも20分掛かるらしい。とにかくスプロケに限らず、スイングアームシャフトの方はグリスアップや交換を早いサイクルでやる必要があることが分かった。いずれDLC処理してその対策効果も期待するにしても、しばらく何回かこの作業を繰り返す羽目になりそうだ。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-10 00:42 | G450X
<< お山遊び再び チュブ☆リス >>