<< ノンスリップシート お山遊び再び >>

久々の修行コース

■先週の日曜日は河原で練習!家から走って15分くらいのコースです。

■まずはいつもシングルトレイルコースを走ってみた。前にも書いたけど、シングルレールなコースは少し苦手だ。その理由が分からなくてフォームかな?と色々試してみるが、どうもスムースに走れない。ブレーキ地点にはギャップがあるし、コーナーはフロントがどっかいくのを気を使ってしまう。体のバランスを崩しやすいのも悪い点だ。

■しばらく走ってみてようやく気づいた。フロントタイヤの位置を気にするあまり、リヤタイヤの位置がレールの少し内よりなっていた。。内輪差を考慮してフロントをレールから半分はみ出るくらいギリギリまで持ってくればリヤはレール中央から進入できて安定した路面で走れる。リアタイヤがうまくレールにハマればそれ以降は勝手にレールに沿って走ってくれるのでフロントの位置はあまり気にしなくて良い。ホンのタイヤ一本もない微妙なライン取りだが、劇的に走りやすくなった。よく考えれば当たり前な事なのに全然気づかなかったとは恥ずかしい…。今まで、うまく出来る時と出来ない時の理由が分からなかった…。進入さえうまくいけば、後はレールをバンクとして使えるのでスムースに気持よく加速出来る。今まで、走っている時のリアタイヤの位置に無頓着だったところが悪かったようだ。

e0160817_0251227.jpg


■その後は修業コースを走ることに。最近走ってなかったが、シングルトレイルだった箇所が一部コース幅が拡張されていた。だからと言って走りやすくなった訳ではなく、盛大に掘り返されて路面はガタガタ石ころがゴロゴロの返って走りにくい状況になっていた。それでもG450Xはなかなか走ってくれた。元々、凄く疲れるコースでギャップは凄いし、シングルトレイルだし、タイトだし、ガレガレだし、時にはサンドだし、一周が長いし…。アベレージライダーが初めて走った場合、ギブアップする確率は80%くらいじゃないだろうか? サスの性能やアクセルレスポンスが疲労に直結するコースです。だからエンデューロバイクを評価するにはぴったりなコースだったりする。

■G450Xのサスの方は思ったより働いてくれて…もしかしたら当たりが付いてきたのかな?…サスでの疲労は少なかったような気がする。一方、アクセル開けはじめのレスポンスが良いと疲れるのだが、これはなんとか許容範囲だろう。もう少し高いギアで回転を上げて走れば万全なんだけど、もう少し練習すればなんとかなるような気がする。とりあえず、最初にしてはノーミスでエンストもなく走れたから、まあいいや。もっとも、半分はトラタイヤにおかげのような気もするけど。

■昔は疲れるだけのコースだと思ってたけど、最近は少しおもしろくなって来た。この冬はここでコツコツ練習したいと思います。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-23 00:54 | G450X
<< ノンスリップシート お山遊び再び >>