<< グラフィックデカールキット ノンスリップシート >>

G450Xの燃調の話

■色々調べていたら、たまたまG450Xの燃調に追及しているサイトがあり興味を持った。ノーマルモードとスポーツモードの比較とマフラー(レオビンチとアクラボ)を換えたときのセッティングが書いてあり、今後マフラー交換を考えている自分としては参考になった。詳しくはリンク先を参照してください。↓

Tech info on the BMW G450X

Evaluating the G450X with LeoVince X3 and PowerCommander V

Evaluating the G450X with full Akrapovic system and PowerCommander V

G450X - interesting fueling results...

■気になった点を書き出してみると…

1.ノーマルモードはクローズドループ制御で、かつA/F薄め…つまり規制対策モード。クローズドループ制御とはO2センサーからフィードバックが掛かって燃調が決まるという事です。

2.スポーツモードはオープンループ制御で、A/Fはかなり濃い。しかもマフラーを換えてもまだ濃い。オープンループ制御はO2センサーのフィードバックがないから成り行き。レース用のモードでO2センサーはいらないので取っても良いです。

3.スポーツモードのセッティングは純正アクラボ専用になっている。

ここで少し勘違いしていた事だが、他のモード切り替えスイッチ付きEDマシンのように、ノーマルモードはソフトセッティングでスポーツモードはハードセッティングなどど思っていた。それは間違っていてノーマルモードは規制セッティング、スポーツモードはレースセッティングという違いだ。ここは重要で、スポーツモードはマフラー交換が必須だ(それもアクラボ限定)。しかし、問題はマフラーを換えてもまだA/Fが濃いという事だ。これはおそらくアクラボマフラーに交換した人がノーマルモードにしてもエンジンが壊れないようにしているためじゃないかという話だ。ちなみにこのサイトの人は親切で他のG450Xのフォーラムで注意を喚起していた。という事でマフラーを交換した人はノーマルモードにしない方が無難だろう。そうなるとモード切り替えはカプラーでショートさせている理由も分かる訳で、手元スイッチはなるべく付けない方が良いですね。まあ、マフラー交換前提なので手軽に切り替えちゃ駄目って事です。

一方で、これまた親切なBMWは最悪な状況でもエンジンが壊れないようにしているが、でもそれは妥協セッティングじゃないの?という話が浮かぶ。実際にパワーコマンダーで補正を入れると4.5hpくらいアップしてさらに燃費も良くなっている模様。トルクも全域でかなり上がっているようだ。

e0160817_21195989.jpg


■ところでマフラーだが、やはり低速トルクも上がるアクラボに交換したい。ただ、レオビンチは安くて静か(94dB)なんだけど、アクラボは高くてうるさいから…。軽さはアクラボの方が勝ちみたいです。
あと、これだけ燃調でゲインがあるならパワーコマンダー導入もありだと思う。パワーアップだけではなく本当のソフトモードのマップも作れて、パワーコマンダーVだったら二つマップを手元で切り替える事で出来るみたいだし。あ〜もう既に買う気になっているかも(笑)
[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-30 03:32 | G450X
<< グラフィックデカールキット ノンスリップシート >>