<< 軽量ホイール 身体運用法その3 >>

今年初の合同練習

■今週は久々にT代くんとHP2で久々に走りに行く。T代くんとHP2で走るのは岐阜決戦ツーリング以来だったが、彼はリアサスをオーリンズに換えてSSER2Daysをこなし経験を得て、またもや急成長しつつあった。

■いつもコース(距離3キロちょっと)でお手合わせしてみたが、上りが凄く速くなっている。特に自分の苦手とする急な上りのタイトターンをスタンディングでうまく走っている。さすがに「上り完璧っス!負ける気がしないっス!矢でも○Rでも持ってこい!(意訳)」と豪語するだけはある。自分も丸坊主だったリアタイヤを新品して行ったから、以前より速いタイムが出ていたのだがかなわない。一方で下りは互角くらいで、走りをみると付け入る隙はありそうだ。

■お昼に近くの道の駅で休憩。お互いに良いところ悪いところをディスカッションする…と言っても寒いのでほとんどだべっていただけなのですが…。お互いに走りを比べるのでこれが参考になる。

■去年と違って、最近は走りの方向性が決まって来たので迷いはない。悪いところが分かっているし、それを直せばタイムが上がるのも分かっている。方向性が分からないと根本的なところで試行錯誤してしまって無駄が多い。もちろん、今だって試行錯誤はあるのだけど、方向性に沿って理屈通り走れば確実にタイムが上がるのでモチベーションも良好だ。おかげで最近HP2に乗るがホントに楽しい。

e0160817_184855.jpg


■休憩を終えて、もう一度上りを走った。今度はタイヤの空気圧を1.8→1.2に変更。リアサスのコンプレッションも26戻しから20戻しに変える。コンプレッションの変更でコーナーで向きを変えやすくなった。タイヤもグリップが向上したのでコントロールしやすい。EDマシンちっくな動きになって来た。エアサスのときに比べれば、12〜13秒は速くなっているだろう。でも、T代くんのベストタイムには、たぶん5秒くらい及んでない…10キロ近いSSだったら、15秒くらい差が付けられてしまうな。まあ、上りタイトコーナーがまだ遅いので当たり前なのだが…。

■下りはタイムが取れなかったけど、これはイメージ通りの走りに近づいた感じ。きっちりアクセルを開けて走れている。結局、今回取ったタイムは上りと下りは同じだったけど、これなら下りはもっと速く走れるだろう。今の走り方は上りと下りは全く同じ走りをしているので、理屈的には同じタイムが出るはずだ。やはり、上りのタイトコーナーをもっと鍛えないと…。

■T代くんはセンスが良いのか、たまにドカンと速くなることがある。親父で凡才な自分が付いていくのは正直大変だ。自分はドカンと速くなることは絶対にないので地道に差を詰めて行くしかない。今回もオーリンズサスを導入してなかったらやばかったです。しかし、これはうさぎと亀という関係だな。でも亀としてはモチベーション的にうさぎがいると助かります。
[PR]
by hpn1043gs | 2009-01-26 01:32 | HP2 Enduro
<< 軽量ホイール 身体運用法その3 >>