<< サスペンションセッティング ライトチューン >>

振り出しに戻る!?

■先週はもやもやとした問題点が残っていたので、今週の休みはたっぷり練習しよう!と一週間待ちわびていたのに、肝心の土曜日は雨…残念ながらT代さんとの練習会はお流れになった…。しかし、徐々に天気が回復する中、少しでも走っておきたいという気持ちが強くなり、雨の上がった夕方になってから走りに出掛けた。

■まずはいつも通りアタックコースを走る。雨上がりだったため路面コンデションはあまり良くなかったが、比較的スムースな走りは出来たと思った。…しかし、タイムは全然出てない…。どうもスムースに走れたからといってタイムが出る訳じゃないようだ。いつも思うが自分の感覚とタイムの出方の相関性が見つからず混迷してしまう。

■その後、アタックコースであまり走ると路面が痛むので場所を変えて練習した。すっかり日は沈み、人気のない夜の林道を行ったり来たり…(なにやってるんだろ…)。先週、調整したライトの方は良好で、走行上ストレスになるようなこともなく走りやすい。ライトの方はこれでたぶん大丈夫だろう。先週の問題点だった、車体の向き変えがイマイチうまくいかない件も体の向きが悪かったようで解決した。もうオヤジなので、ちょっと走らないと体が忘れてしまうようだ。この日はなんだかんだ言ってタンク一杯分走ってしまって、ガソリンがなくなりそうになったので引き上げる事に。

■翌日の日曜には快晴…もちろん走りに行く。コースは先週も走ったロング林道に行く事に。ここの林道はバランス良く練習要素が詰まっているので、仮想四国にはもってこいだ。さて、先日問題にしていた車体の向き変えはうまく行くようにはなったが、それでもこの林道の180度コーナーはやっかいだ。タイトなコーナーではなく低中速なコーナーなので、どうしてもバイクして旋回する時間が長くなってしまう。ビッグオフはこういうコーナーは遅いんだよなぁ。ひたすら我慢しなくちゃならない。横Gが強くなると立っても走りにくいし素直に座って走った方が良いかも?
e0160817_23255755.jpg


■何度が往復して、なんか走りが飽和状態になってきたので、リアサスを調整してみた。もう少し向きが変わりやすくすることで走りやすくしたい。圧側を弱くすると向きがやすいが細かいギャップを拾って不安定なような気がする。伸び側を弱くすると微妙にスライドがしやすくなって、これまた向きが変わるが…これで本当に速いのか?たしかに乗りやすくスムースに走れるようになるがなんか違うような?

■「スムースに走れたからといってタイムが出る訳じゃないようだ。」
…これって結局リアタイヤを滑らしてしまってトラクション不足させている状態じゃないのか?…急に思い当たる事がいくつも頭に浮かぶ…今年になって今までよりタイムが上がった変更要素は…「リアサスの変更」、「タイヤが新品」、「タイヤの空気圧を落とた」。これはリアのトラクションに関係することばかりだ。結論を先に言うと…


「俺は全然うまくなってないのじゃ?」


ロングホイールベースかつキャスターが寝ているHP2の向きを変えるにはリアをスライドさせるとスームスに走れる。しかし、これは同時にトラクションを損している訳で、タイヤを縦に使えるようになり、以前より加速重視でリアタイヤを横に滑らせないようになったとは言え、それでもリアタイヤのグリップ力とトラクションが顕著にタイムに影響しているんじゃないかと思う。軟路面になってスムースに感じているのに違和感なくタイムを落としてしまっている理由はここにあるんじゃないかと推測した。元々、ハイパワーなHP2のパワーをダート路面で伝達するのは困難で、今までだって、リアタイヤを滑らしまくって、ついでに心も空回りしてタイムが出なかったことにはずっと悩んでいた。今年になってからのタイムアップはむしろセッティング要素が強く、全然うまくなっていとまでは言わないけど、まあ、タイムへの貢献度は少ないかも…悲しい結論だ。たぶん、自分の感覚とタイムの出方の違和感はこれが原因じゃないかな?

■でも、逆に考えれば、速くになるのはとにかくリアのトラクションを稼ぐしかないということだ!もっとセッティングをそちら側に振っても良いし、テクニック的にもリアタイヤの空転を抑える方法を取り込むように出来ればと思う。HP2は完全にパワーにタイヤが負けているバイクなので、そういう手法の体得が必須なのかもしれない。ああ〜なんか難しいね…せっかく走りのスタイルが確立してきたと思ったのに、これで振り出しに戻った感じ。
[PR]
by hpn1043gs | 2009-03-16 23:25 | HP2 Enduro
<< サスペンションセッティング ライトチューン >>