<< リアステア 振り出しに戻る!? >>

サスペンションセッティング

■今週もT代くんと練習。ところが、いきなり最初の林道で吹っ飛んで、せっかく作ったばかりのフロントシールドを傷だらけにしてしまう…。しかもナンバープレートも曲がるし最悪だ。この日のテンションは最初の一歩からガタオチになった…。

■気を取り直してこの日はひたすらサスペンションセッティングに取り組むこととした。最初は試行錯誤で色々試してみたが、走っているうちにだんだんテーマが見えて来た。まず、コーナリングの脱出で最大限のメリットを発揮することを大前提として、リアのリバウンドを強めた。前回、滑らすと遅いんじゃないかな?という疑問にぶち当たったが、逆に滑らさないと曲がれないということもたしかである。ならば強めたリバウンドに負けないくらいアクセルを開けて(滑らして)曲がれれば良いだろう。

■アクセルを多めに開ける事になるということはリアが暴れる可能性がある。その場合の安心と保険をフロントに求めたい。まずはフロントのスタビリティを上げるセッティングを模索する。コンプレッション側だが、これは上げて行った方が小さなギャップを拾わず安定する。今までは手前のプログレッシブのアジャスターを使っていたが、右フォーク下のリニアのアジャスターも使ってみると効果が高い。それに比べると手前側は微調整なレベルの反応だ。次にリバウンドを上げるとフロントに接地感が出てくる。ただし、フロントの動きが悪く感じるようになった。これがいやでリバウンドは標準より下げていたが、やはり接地感があるとコーナリングに余裕が生まれるので、サスの仕事を阻害するというレベルでもないし、リバウンドは強くして行こう。

■一方、リアサスの方だが、リバウンドは多少強めるとして、コンプレッションはLow speed側を弱くして、向きを変えやすくしてみる。ただ、やりすぎると腰砕けになるのが難点。この辺はうまくバランスが取れない感じで、今回はやらなかったが、次はHigh speed側もいじってみるか?他にもう少しフロントフォークの突き出しを増やし、フロント下がりにして向きを変えやすいようするという手も試してみるか?

■今回はまだ中途半端な状態ですが、備忘録としてセッティングをメモ。

フロント  コンプレッション…プログレッシブ 7クリック戻し、リニア 14クリック戻し。

フロント リバウンド…14クリック戻し

リア コンプレッション…Low speed 21クリック戻し、High speed 1.5回し

リア リバウンド…11クリック戻し


e0160817_042060.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2009-03-24 00:03 | HP2 Enduro
<< リアステア 振り出しに戻る!? >>