カテゴリ:HP2 Enduro( 72 )

そろそろ手を付けたいこと。

■HP2のリアサスが少し跳ねるようになってきたので、OHに出すことにした。ついでにフロントサスの相談もしようと思ってサス屋さんに行ったら、全日本MX選手権に行ったとかで留守でした。タイミング悪っ。

■とにかく、HP2のフロントフォークをグレードアップしたい…ということで方法を考えてみた。その前に、純正のフロントフォークは片側だけしかまともに機能しないマルゾッキの安いやつです。車両価格は高くてもこのサスはしょぼくて全然安っぽい。

方法1.G450Xのフォークの中身に交換。G450Xは同じマルゾッキでも2本とも同様に機能する普通の構造なので、その中身だけを交換する。ただし、BMW純正部品だから高いかも?

方法2.Φ45のフロントフォークを探して付ける。もしかしたら同じマルゾッキだとトリプルクランプを作らないで付くかもしれない。

方法3.いまどきΦ45も細いのでΦ50のフロントフォークを付けるためにトリプルクランプをワンオフで作製。フォーク自体は国産を流用するか、あるいはKTMのSXSフォークなんか付けると良いかも。やっぱり、どうせならツインチャンバーのフォークにしてみたい。

■方法1は値段の割に機能アップはあまり期待できないかも。どうせ付けるならもう少し良いサスを付けたい。

方法2は今、円高なので意外と安上がりかもしれないが、純正クランプに付く保証がないかな? フォークの外径が確認出来ればいいのだが。

方法3は機能的にはベストだがまともに作ればコストがいくら掛かるか分からない。でもやろうと思えば出来ないこともないか…?

■海外かどっかでHP2用のトリプルクランプとか作ってないかなと思って探してみたけど、さすがになかったです。需要あるのになぁ…。さてどうしましょう?


e0160817_1181445.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-05-18 01:20 | HP2 Enduro

TBI 2010 まとめ その2

つづき…

■DAY5 393,56km
残すはあと2日。朝のSS9は前半、普通の林道で後半はシングルトラック。コマ図にはクレバス注意の記載もある。例によって道を間違いないように注意して走るがシングルトラックに入るタイトな右折を見逃す。しかし、数メートルで広場に出たのですぐにUターン。ロスはあまりなかった、その後のシングルトラックは無難に走るのがせいぜいでどうも攻めきれなかった。すぐに終わるかと思ったら半分はシングルトラックでした。
5日目となると記憶が混乱してこの日の印象は薄いのだが、温泉はちゃんんと入った記憶とオッジーさんが立ちゴケでステップを曲げた記憶だけは残っている。
夜のSS10はいつも25キロ林道を10キロ減らして15キロにしたSSでした。前半の上りのガレガレ、後半のスリッピーな下りと苦手なコース。この日の夜はまた反省して、もうラリー辞めようかなと思っていた(毎回恒例なのですが)。

SS9 28位  SS10 29位  分岐迷わず走ってもイマイチと思うときはいつもこの順位だな…29位
この日まで総合順位 25位 (40位からのジャンプアップ)

■DAY6 385.15km
いよいよ最終日。最終日なので結構な距離があって大変でした。この日、初日にキャンセルされたSSの代わりにSS13が一本追加された。
SS11は昨晩のSS10の逆走。逆走しても苦手なものは苦手。ガレの上りがメインだが、どうも立ち上がりでもたつく最近の癖が抜けない。
SS12はフラットな林道。実はこの前にやっぱりフロントサスが悪いと思ってセッティングをいじった。ダートがなかったのでSSで一発勝負。しかし、200メートルくらいいった最初の分岐で左折を間違えて、真っ直ぐ行ってしまった。すぐに止まってけど、Uターンが出来なくてんバイクを降りて押して戻った。30秒くらいロスったかも。その後はもう分岐を間違えないように慎重に走る。フロントのサスは接地感が少し上がって大分良くなった。
次にSS13では最後だし目一杯頑張るぞ〜と活き込んだが、オールシングルトラックのコースだった…。結局、無難に走りました…

SS11 29位  SS12 27位  SS28位  総合25位でゴール   結局、実力はこんなもんだ…。


次回は反省点についてもう少し考察したいと思う。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-05-12 23:58 | HP2 Enduro

TBI 2010 まとめ その1

■TBI 無事に帰ってきました。総合順位25位、インターナショナルクラス3位でした。成績だけ見ると可もなく不可もなくといった感じですが、SSでミスコースしまくりで反省する点は満載。分かっていたけど、準備不足を痛感しました。予想していた問題が全部出てしまった感じです。

■今年はSSに分岐が多く、コマ図と距離をきちんと見てないとミスコースしまくりです。自分もとんでもないミスコースを何回もしてしまいました。ただ、競技としては単なる速さ以外の要素で順位がひっくり返るのでおもしろかったです。他にSS内でリム打ちでパンクしたり、エンジン不調になったりと最悪。フロントサスも直前でオイル粘度変えたところは良かったのですが、最終的に煮詰めが足りなかったようです。あと、今回のSSはシングルトラックも多くて、走るのは問題なくても攻めるのは難しいなと実感。どうしても転けないように無難に走ってしまうので、もう少しガツンガツンアクセルを開ける練習が必要かも。他に細かいところではマップケースの駆動用のゴムが伸びて空回りしてしまってSSでは困りました。

以下、簡単にまとめ (リザルト送られてきたので追加しました。)

■DAY1 122.01km
SS1がキャンセルになって、SS2よりスタート。谷間にある林道で比較的フラットだけとコーナーの方向が読みにくかった。もうちょっとコーナーの奥までライトが届けば良かったのに。

SS2 29位   ここまでの順位 総合29位 …去年の北4からずっと29位

■DAY2 373.4km
ダートが159km予定されていた日でしたが、工事でショートカットを余儀無くされ比較的余裕があった。時間があったので温泉も入った。
朝のSS3はタイトなコーナーが連続するフラットな林道。ときどき湿った路面あり。分岐で間違える人もいたけど、自分は大丈夫だった。
夜のSS4は最初はガレ林道でだんだん荒れてきてシングルトラックに。分岐が難しくて、スイッチバックする箇所を道がないと思って2キロくらい奥に行ってしまった…。たぶん、7〜8分はロスったと思う…。(ここで終わった…と思ったけど、あとで聞くと他の人も結構間違えていたようです。)

SS3 21位  SS4 38位  ここまでの順位 総合29位 …上がって下がって変わらない…。

■DAY3 357.87km
この日も工事で大幅ショートカットがあり、時間に余裕あり。海岸ルートをのんびり走り、温泉に入る。
朝のSS5は前日の逆走。でも、分岐が判りづらく、昨日の失敗もあり慎重に走った。
夜のSS6は超高速SSで、路面がフラットから途中から上り、深砂利になった。半分くらい走ったところでいきなり振られたと思ったらリム打ちパンクしていた。上りなのでリア荷重で誤魔化しつつなんとかSSゴール。この日はフロントタイヤ交換の日だったので、修理も2度手間になるため、リエゾン残り25キロはそのまま走っていくことにした。しかし、ダートが10キロもあってえらく疲れた。どんどん後続車に追い抜かれてひとりぼっちに。ゴール2キロ手前で急にエンジンストール。昼間もトロトロ走っていたら起こったけど、恐らくプラグ劣化のせいではないだろうか?少し時間を置いたらエンジンも掛かったのでなんとかゴール出来た。

SS5 21位  SS6 35位   ここまでの順位 27位 …また上がって下がって少しだけ上がった。

■DAY4 499km
この日は最長距離でタイムスケジュールもきついため、さっさと進めようと考えていた。しかし、スタートしたらすぐにエンジンストール。走っていてもアクセルのツキがおかしい。とはいえ、時間もないのでそのままSS7に入る。朝のSS7はウエットで荒れている林道。アクセルの反応がおかしいのでまともに走れない。モタモタ走っていたら、後続車に引っ掛けれて転けてしまった。泣きっ面に蜂だ。SS出て修理して先を急ぐ。たぶん、エンジンは昨晩のトロトロ走行でプラグがくすぶっている状態になったので、それを解消するため多少開け気味で走った。プラグを新品にしておけばこんな問題はなかったハズだが…。
CP2には閉鎖10分前に到着。一応、間に合うように計算して走ったのだが危なかった。ここでエントラント半分弱は間にわなくてペナルティを受けていた。
夜のSS8はフラットだけどそこそこタイトな林道。分岐が一箇所だったが判りづらく、しかも、ちょうど自分が分岐に来たら前のバイクがトロトロと右方向へ向かっている。思わず、追い越してどんどんその道を進んだがどうやら間違っていた模様。2キロくらい走って不明な分岐が出てきたので明らかに間違っていることに気づいた。
諦めて戻って件の分岐に来たところで、KAWASEさんと遭遇。一瞬迷っていたようだが、バイクが戻ってきたのに気づいて正規の方向へすぐに走った。自分はここで7〜8分ロスしているので最早急いでも意味がなかったが、自分のミスと不幸に妙に腹が立って、KAWASEさんを追いかけるように全開で走った。たぶん、このときが一番速く走れたと思うけど、全く意味がなかったというのは言うまでもない。

SS7 40位  SS8 49位  ここまでの順位 40位?…実は間違えてCP不通過のペナルティを付けられていた。送られてきたリザルトもこの日は修正されてない。この日は色んな意味で最悪だった。


つづく…
[PR]
by hpn1043gs | 2010-05-09 16:13 | HP2 Enduro

MT21 RALLYCROSS

■タイヤの件ですが、MT21が品切れだったのでT63を買ってみた。届いてみるとなんか細いし尖ってないし非常にやる気を失う(タイヤ)パターン…。これを見たらTBIに出ることが凄くつまんなくものだと感じてしまった。このままじゃヤバイということで再度MT21を探すことを決意。とりあえず、近所のお店に聞いてもらったら、再入荷して手に入るとのこと!ただし、一桁数しか余ってなかったらしい。やっぱり17インチは基本的には需要ないんだろうなぁ。

e0160817_2218744.jpg


■TBIでHP2にMT21を履かせて使うと大体2日ですり減ってしまう。もう一日使えなくもないが、おそらく3日目の夕方は丸坊主だろう。出来れば、エンデューロタイヤを使いたいのでが、MT21でもこのライフだし、一日でダメになるのではないだろうか?タイヤ持ち込み数(3本まで)も決まっているので他にチョイスのしようがない。ただし、TBIはマディコンデションは少ないので、MT21でも十分とも言えるだろう。一方で、北海道4Daysはマディコンデションが多いのでエンデューロタイヤで出てみたい。4日でトータル距離も短く、それでいて持ち込み数もTBIと同等。昨年出たとき、フロントは4日持たせたので、リアを3本持ち込みで行けるんじゃないかと思う。

■しかし、重量+タイヤにまでハンディがあるので、軽いバイクに対しては圧倒的な不利な状態にあることは変わらない。大体、モトクロスやエンデューロの世界でも450でさえ不利だと言われているのだ。ましてや、素人が使うメガオフは言わずもがな…。唯一有利な点はストレートのスピードだけど、コーナリングのハンディを短いストレートで詰めるのはなかなか大変。だから勝ちに行くならしょぼいタイヤと重い重量で軽いバイクと同等のコーナリングをしなきゃいけない。…どうやってするんだよ?…ビッグ乗りの永遠の命題です。

■きっとタイヤでやる気がなくなったのは、タダでさえ不利な状況をさらに不利にするなんて…気分になったからだろう。勿論、タイヤの不利にも負けずに走れる強者もいるけど、そういうレベルに全く達してない自分にとっては大事ことです。もっとも、そういう風に思うなら早く買っておけって話ですな。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-04-17 22:43 | HP2 Enduro

フォークオイル

■フォークオイルですが、お世話になっているプロジェクトサイエンスのフォークオイルを使っています。1800cc缶があって値段も手頃、ストローク時の抵抗も少なくスコスコ動きます。

■…でも、動きすぎているような気もする。以前も書いたけど、なんとなくコーナリングでフロントが落ち着かなくてアクセルが開けるのが遅くなる。でも、コンプを強くすると初期の動きが悪くなってガレ場が辛くなる(特に中腹林道w)。う〜ん、悩ましいところだ。

で、フォークオイルですが倒立なんで5番相当のW5-TWOを入れていた。でも、よくよくHP2のリペアマニュアルを読むと10番が指定されている(固い場合は7.5番とも書いてある)。ということは10番相当のW0-TWOを入れた方が良いかもしれない。ちなみにハチマルのスポーツサス(マルゾッキのインナーカートリッジ)にはW0-TWOを入れていて、そのときは問題なかった。HP2のフォークも倒立の違いはあるが、マルゾッキで同じような構造でした。プロジェクトサイエンスフォークオイルの説明には「ゆっくりした動きのときはW5-TWO並」とか書いてあるから、たぶん良さそう。

とりあえず、フォークオイルの粘度変更してみようと思う。TBI本番前で少しリスキーな気もするが、今年は準備不足のついでだから、まあいいや…。

e0160817_255146.gif


■しかし、このしょぼいフロントフォークを早くなんとかしたいところ。でも、まともにリプレイスすると高級フロントフォークとトリプルクランプ(特注)でいくらになるやら…。なんて悩んでいたら、もう少し現実的な方法を見つけた。ただ、トライするには少しリスキーな事でもあるんだよなぁ。これは理由もあってとりあえず秘密にしておこう。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-04-06 02:20 | HP2 Enduro

TBI準備…は全然出来ていない。

■忙しくてTBI準備が全然進んでいない。先週、通販でまとめ買いしようとしたが、欠品入荷未定ばかりで参った。

タイヤ…MT21 130/80-17 欠品
エンジンオイル…モトレックス ボクサー4T 欠品
レインスーツ…ラフ&ロード RR5232 デュアルテックスレインスーツ シルバー BL 欠品→色違い有

レインスーツは色違いがあったし、エンジンオイルは今日、近所のお店で見つけた。問題はリアタイヤでT63にするしかないかな〜? もっとも17インチなので他に選びようがないのだが…。T63は横グリップがイマイチなのであまり好きじゃないのです。こんなことなら早めに18インチに変更しておけば良かった。

■あとは整備だけど、いつもやっている各種オイル交換は当然やるとして、スパークプラグ交換とフロントフォークOHはやめておくことにした。去年はそんなに乗ってないのでまだ持つでしょうという判断。フロントフォークはオイルの交換だけにしておこう。他の装備は変更してないからたぶん大丈夫だと思う。

■そういえば、エントリーですが昨日やっと出した。ギリギリ月曜日には着くはず。

■あと、本番まで週末が3回しかない。でも、来週も他にすることがあるので、ほとんど2回分しかないんだよなぁ。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-04-05 00:34 | HP2 Enduro

穴にハマって穴に救われる

■先週、TBIに向けての林道練習をK瀬さん、O島さんと一緒に行った。そのとき、どうも走りがしっくりこなくて悩んでいた。今週はT代さんと林道練習。本番まで残り時間が少ないし、なんとか調子の良かった去年秋の岐阜のイメージで走れるようになりたい。

■ルートはいつも使っている林道組み合わせだけど、T代さんが開拓した初めての林道もいくつか走った。まだまだ細かく探索すると走れる場所はあるようだ。

■HP2を林道で乗るのは今年に入ってから2回目。でも、690に乗ってたときもそうだけど、立ち上がりでフロントが不安定な感じでアクセルを開けれない。ひとつ気になっていたところがあって、進入でコーナリングの準備(腰を外に出す)の動作が遅くなっていたような気がする。そしてこの時のフォームもおかしいところがあって修正。外足をもっと高く前に置く感じか?なんだかんだでこれで随分走りやすくなった。結局、進入である程度曲がっていかないと脱出時のつじつまが合わないのでしょう。早め早めの動作することで後半が楽になったようです。

後もうひとつは、アクセルを開けたときにリアステアを意識するとフロントの荷重が抜けていい感じ。ついでに抜き過ぎてたフロントのコンプレッションも少し上げたせいか安定感も出てきた。ここで気づいたけど、フロントステアとリアステアの配分は状況によって使い分ける必要がありますね。タイトなコーナーはフロントステア重視で、緩めのコーナーはリアステア重視かな?路面が荒れてたら、またリアステア重視でうまく配分を変えるとよろしいようで。

■曲がる配分としては、進入でキャンバースラスト(きっかけは逆操舵とかいろいろ)20%→バンク(+フロントをステア)50%→脱出(キャンバースラストでリアステア)30%くらい。うまくいくとあまり車体を寝かさないでも曲がってくれるからリスクは減らせる。ここで進入でブレーキターンを10〜20%くらい使うとバンク区間でステアを減らせるので楽になる…(一応、慣れるまでブレーキターンは封印してますが)。前述した通り、バンク中のフロントステアと脱出のリアステアの配分は状況で変えた方がいい。正直、今はこんな理論通りうまく出来ないけど、全てが繋がって、うまく行ったときはきつかったコーナーがゆるくなったように感じることがある。去年の夏頃までは、バンクさせるけど極力フロントステアさせなかったので、それでコーナーが厳しくなってたようです。先日ちゃんと出来てなかった部分は進入部と思われる。

■そんな風にひとつひとつの動作を分解してチェック、大分改善されてきて気持ち良く走れるようになってきた。そして、T代さんと調子上がってきたね、でも転けるとリセットされるんだけどねぇとか言って他愛もない会話が弾んだ。しかし、今日はこのくらいにしようと思っていたのに、おまけで最後の林道へ行ったのが運の尽き…。

■その林道は前半激しくガレていて、やっと開けたと思ったら朝まで降っていた雨でぬちゃぬちゃの水溜り、路面変化に対するペースがチェンジが間に合わなかった。コーナーを抜けたところでバイクが一瞬で半回転して道路から落ちたところ、小さな2本の木にフロントタイヤが引っかかって谷底への落下は免れた。幸い、体の方は全く問題無し。バイクもすぐ横の谷底には落ちなくて助かった。ちょっとでもずれていたら谷底にまっしぐらやばかった。

■車体は半分落ちかけた状態で200kgクラスのHP2を二人で上げるのはとてもじゃないと無理。ほとんど真上に上げなきゃいけないので一人分担100kgだし。恥ずかしいことにロープも持っていなかった(いつもは持っているんだけど、690の装備に入れっぱなしだった)。もっとも結論から言うと仮に3人いてロープがあっても上げるのは無理でした…。夕暮れ17時過ぎのトラブル、林道の中だとすぐに暗くなるから焦る状況。

■ここは手伝ってくれる人を連れてくるしかないと判断。よく考えると近くに宿があって、そこではこの辺の林道の地図などをもらった経験もある。決めるとすぐにT代さんのバイクを借りて交渉へ向かった。宿の御主人はすぐに軽トラを出してくれて、HP2のリアホイールのセンターに空いている穴にロープを掛け、軽トラで引っ張って上げてもらった。おかげで暗くなる前に片付きました。宿の御主人に感謝です。

■もっと慎重に走らなきゃと反省です。あと、手伝ってくれたT代さんもありがとう。その後、帰ってから車体の確認したけど思ったよりダメージがなくて助かりました。あとリアホイールの真ん中に空いている穴はロープが掛けやすくて抜群に良いですね。リアフレームは弱いので重宝しました。

e0160817_0345385.jpg

e0160817_0333247.jpg

e0160817_0335476.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-03-23 00:26 | HP2 Enduro

コース練習 in くんま

■週末はKAWASEさんに誘われて近くのモトクロス場に行ってきた。近くと言っても山の中にあるで一時間くらい掛かるのだが…。

■行ってみるとガラガラで僕ら以外で走っているのは慣らし中のモトクロッサーの青年しかいない。その理由は他の近くのコースでモトクロスの中部選手権があったためで、関係者は皆そちらへ行ったらしい。僕らがそういう日じゃないとビッグオフで落ち着いて走れないからと狙って行って正解だったという訳だ。

■このモトクロスコース…MXパークくんまは山の斜面に作られたアップダウンが激しいコース。コースイメージは上りはまっすぐ登って下りはクネクネ曲がりつつ降りてくる。その斜度も強烈でスキーだったら確実に上級者コースだ。さらに上り意外のストレートになっている部分は三角に尖ったウォッシュボードだ。しかも霜柱が溶けて少しマディ気味になっている場所もある。正直、下見で一周して帰ってきた時の感想は…今日は絶対怪我しないように帰ろう…だった。

e0160817_002077.jpg


■そんなコースで引け腰もあるけど、最初はメタクタに走れないという感じだった。でも、KASASEさんがDRのサス調整をしているのを見て、よく考えてみたら自分のHP2も林道セッティングになっているからと調整することに。まず、フロント、リアとも圧側を5クリック強くする。お、これは凄く乗りやすくなった!ギャップで振られなくなったのだ。調子に乗って、さらに3クリック上げるとうまくハンドルがステア出来なくなった。ちょっと上げすぎたかなと思い、元に戻して、代わりにプログレッシブ側に圧を強めた…これはボトム付近で効く。まあ、とりあえず、路面も柔らかいし、普通に走れるようになったから、こんなもんか?

■これでジャンプも大丈夫なったのだが、如何せんフープスが難しい。車重が重いからなめるように走るのも疲れるので無理したり頑張ったりする気になれない。きっと2個飛びとか出来るとスムースに走れそうな感じだが、いきなりそんなことが出来るはずもなし…。それでも、まあ、走りにくいところは走りにくいなりに慣れてきて、少し楽しくなって来た。

■その後、お昼を食べたり、撮影会をしたりとほとんど貸切状態だったのでのんびり過ごした。バイクの下回りやエンジンに泥がたっぷり付いてしまったので、最後に洗車をしてから早めに切り上げ。楽しくなってきたしちょっと走り足りなかったけど、危険そうなレイアウトのコースなのでコースにきちんと慣れるまでは無理はしない方が良いだろう。たぶん、若い頃にはこういう終わり方は出来なかったが、年を取ったせいか切り上げがうまくなったのか?

■どうもビックオフとは相性が悪いコースでなかなか難しかったが、また空いている時だったら行っても良いかな?

■それはともかく、今回サスを調整していて、やはりその影響度は大。早いところ、今の走りに合わせたTBI対策林道セッティングを出したい。必要ならばリバルビングも視野に入れたいし…ということで来週こそ林道へ行かねば…。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-02-23 00:36 | HP2 Enduro

ユーザー車検受けました…。

■昨日、HP2の車検を取って来た。

■前回の車検では光軸に引っかかって6回も受けてしまったので、適当にやっていたら永久に受からないとまずはテスター屋へ。お昼休み中だったので待ち時間20分、調整3分でしてもらった光軸の代金は3000円…。業者さんだともっと安いようなのだが…。

■次は受付。以前、車検を受けたとき、整備記録簿の書式に文句を言われたので、今回も車検場で買おうとしたのだが売ってなかった。なんと3キロ離れた自家用自動車協会とかいうところに売っているとのこと…。2年前は買えたのになぜそんな面倒なシステムになったんだ…。ちょうどお昼の道が混んでいる時間で焦りながら買いに行った。現地に着いたら、なんでこんな無駄な事になっているのか思わず問い詰めようとしたけど、暇そうにしていた協会の受付のおばちゃんが結構親切に対応してくれたので止めておいた。ただ、親切なのはありがたいが私が急いでいるということを認識してくれなかった様子だったが。この協会もどうせ天下り先として作った団体だろう。

■結構時間が掛かって車検場に戻ってきた。予約したラウンドはもう終わりそうだ。急いで残りの書類を揃えて受付をする。そして、ようやく検査を受ける。その検査の方だが、昨今、ユーザー車検でも煙たがれなくなったが、それでも案内等がイマイチ不親切だと感じた。誰もいなくて勝手にやってくださいという状態。これだといくらでも不正が出来そうな…こんなんでいいのか?あと、人員も掛けれないというのはしかたないとしても、案内書きが分かりにくくて困った。しょうがないので2年前のうろ覚えな記憶で受けてみたが、2輪レーンは専用になって設備と建家が新しくなっていたし、案の定、ブレーキテストで操作を間違えて×をくらう。最近、1日で受けれる回数制限(3回)が出来たらしいのでまた焦る。ついでに結果を記録する機械も動かなくなるし…。まあ、そんなことがあってもバイクの方は全く問題はなかったので無事終了。ちゃんと覚えてればルーチンワークで簡単なんだけど、いつも忘れた頃に受けるから微妙に戸惑います。

■受付に戻って車検証を発行してもらう。もらってから何気なく内容をチェックしていたら、走行距離の記載が23000キロが123000キロになっていたのを発見…どうやらOCRの読み違いらしい。すぐに気づいたおかげで面倒にならずに良かった。日頃のリスク管理の癖が身に付いていて良かったかも。

■なんだかんだでHP2の車検は取れたので、週末から本格的にTBIの練習が出来そうだ。ちょっと遅れ気味だったので焦っていましたから。まずは近所の林道へ走りに行くかな?
[PR]
by hpn1043gs | 2010-02-18 00:34 | HP2 Enduro

サンドラン 2010年

■冬にバイクに乗ると道が凍結してたり雪が積もっていたりと、どうにも活動が制限されてしまう。一方で冬だけおもいっきり走れるステージがある。しかもビッグオフをフルパワーで使える機会でもある。

■恒例になった冬のサンドラン。暖かくなるとビーチが混み始めるので、思いっきり走るなら、この時期がベストなのです。遊び方はひたすら西に向かって走り、また戻ってくる。大体、往復で60キロくらい走れるんだけど、13Lのタンクが空になりそうだった…。どんだけ燃費悪いのか…? 今回は砂が重かったせいもあるけど、200キロ級のビッグオフは砂に浮かないから砂を掘削しつつ走っている感じ。600ccクラスの軽量バイクだったら車両が浮く感じで走るのだろうけど。

■ただ、真っ直ぐ走るだけでは飽きてくるので、デコボコの小山や轍などがあるインフィールドに入って遊んでみる。ビッグを走らせるにはなかなかテクニカルなのだけど、HP2だと意外に走れるためSERと追いかけっこして楽しんだ。こういう状況のサンドというものは常にフロントが振られまくるのだけど、腕で抑えるより体でバランスを取る反応が早めに出来るようになっていたようで、あまり腕に負担が掛かるようなことはなかった。以前なら腕がピキピキ逝ってただろうけど、少し成長したのかも??おそらく、バイクを立てて曲がろうとすると腕に負担が掛かるけど、どんなに路面が荒れてたりデコボコだったりしても、バンクさせるという意識を持ったことが良かった…と考察してみた。あと、フロント荷重の抜き方、アクセルの開け方のコツがなんとなく分かってきた気がする。やっぱりサンドは練習になります。

e0160817_2363892.jpg


■なお、今回の参加車両はHP2×2、950SER×2、640SXC、KLE400でした!
[PR]
by hpn1043gs | 2010-02-08 23:35 | HP2 Enduro