<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ラリーモンゴリアシッピング

■週末はラリーモンゴリアシッピングを見学してきました。会場が名古屋のダートフリークだったため、比較的近所だし、すぐに買い出し出来て便利だしでグッド! 今回はお馴染みの仲間たちも多く参加しますので、お手伝い…はあまりしてませんが写真を撮っておきました。

e0160817_025535.jpg

e0160817_034291.jpg

e0160817_043918.jpg

e0160817_05265.jpg

e0160817_06763.jpg

e0160817_071251.jpg

e0160817_082754.jpg

e0160817_093237.jpg

e0160817_0571528.jpg



■K塾長が車検に間に合わず、謎のHP2ラリーカスタムが見れなかったのが残念。

■その後、チームうなぎミサイル(?)の決起集会にこそっと合流。手羽先とラリーの話で深夜遅くまで盛り上がってました。う〜ん、しかし車検の雰囲気は期待感が一杯漂っていて良いですね〜。またモンゴル行きたいな…
[PR]
by hpn1043gs | 2009-06-23 00:19 | OTHER

TRAIL TECH X2 Motorcycle Headlight

■TRAIL TECHのヘッドライトカウルがカッコイイ!

http://www.trailtech.net/x2.html

■小型軽量でスマート。上が2インチのスポット光、下が4インチのドライビングランプ。ハロゲンとHIDがあり、HIDの場合は、上が30W、下が40Wのようです。構造上をみるとカウル内にバラスト等も全てアッセンブルされているのかな?お値段はHIDキットで300ドル。

e0160817_3455596.jpg

e0160817_3461013.jpg



■HPN軽量化計画でライトカウルを探してましたが、これは使えそう? ちょっとモダンすぎるか?
[PR]
by hpn1043gs | 2009-06-17 03:50 | OTHER

今年のGS4daysの予定

■今年のGS4daysはお盆休みにやるそうです。そこでフェリーの予約をしておきました。金曜日に新潟からフェリーに乗って、北海道上陸。GS4daysに参加して、そのまま3日くらいは北海道で過ごす予定。HP2の自走だと短期分の荷物しか積めないので、今回はトランポで行く事にしました。HPNは車検切れているし…、ハチマルはエンジン壊れているし…。

■自走で行った方がGS4Daysらしいのですが、バイクにはETCを付けてないので高速代が高いです。この機に付けようとも考えたのですが、車載器待ちが半端じゃないらしい。結局、ちょっとフェリー代が高くなるけど無難にトランポ移動にしました。現地ではHP2の方がガンガン走れて楽しめますしね。今年も日高を走るのが楽しみです!

■しかし、今年のGS4Daysは全然告知してないようですが、ちゃんと参加者集まりますか?(汗)

e0160817_20245155.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2009-06-16 20:24 | OTHER

トレール以上エンデューロ未満

■今週はT代さんと久々に遠州林道を散策。目的は来るELDの下見で、ポイントとなる林道が使えるか?というチェックをしてきた。

■遠州の林道の印象は一言で言えばトリッキーで、道は分かりにくく狭くクネクネしていて路面は荒れている。最近はコーナリングの練習に熱中してたので、練習に使える一部林道ばかりしか走ってなかったが、今回はあえて遠州本来の林道を繋げて走ってみた。狭くて修繕が入らない林道は荒れる一方で、廃道寸前というところまで成長していて、なかなか冒険心を満たしてくれる。以前乗っていた15GSだと冷や汗もかいていただろうが、HP2は常に安定したライディングを供給してくれ走る事が楽しくてしょうがない。ここにきて、ようやく林道用セッティングも決まってきた感がある。
e0160817_0102751.jpg


■サスをいじってきて前後タイヤの荷重の掛かり方が分かりやすくなったし、このバイクに合ったアクセルワーク、クラッチワークが出来るようになって来た。バイクにも慣れる必要があるし、バイクも自分に合うようにしていく…バイクに育てる、あるいは育てられているのかもしれないが、そういう相互理解が少しずつでも出来てくるとバイクとの付き合いが俄然面白くなってくる。

■バイクを吊るし状態で乗って理解することも必要だが、好みにいじっていく事も必要だと思う。今のバイクはよく考えて作ってあるからいじる必要はないという意見も真っ当だが、そういうバイクは後世に残っていかない。記憶に残らないバイクになってしまう。バイクに世に出た瞬間から、開発者の手を離れユーザーが育てるものである。例え、それが開発者の意図とズレたとしても…。(GS自体がそうだったし、日本車で言うとセローやVMAXなんかも例に挙げられる。)

■15GSは自分好みに大きく矯正しようとして苦労したけど、HP2の場合は元々理想に近い…というか夢想したバイクそのものだ…ので、それほどあさっての方向にするつもりはないし、派手にカスタムする必要もない。トレール以上エンデューロ未満というスタンスになるかな?トレールの縛りを少し外してやるだけです。もちろんビッグオフの枠を越えるポテンシャルを持つマシンなので、そこも強調出来るようにしたい。

■でも金銭的な面でなかなか遅々として進まないのが現実。長い付き合いになるだろうからコツコツやってこうと思う。とりあえず、今は流用できるフロントホイールを探してマス。
[PR]
by hpn1043gs | 2009-06-15 00:11 | HP2 Enduro

ライトヴァージョン

■なんとHPNの車検が切れてしまった…。いったいこの2年で何回乗ったのか?相変わらず劣悪なコストパフォーマンスを発揮してくれる奴だ。

■その原因はHPとトランポのセットということは言わずもがな…しかもライフスタイルが変わって、最近、ロングディスタンスなツーリングほとんどしなくなり近所しか走ってない。また、クラブのツーリングではみんな目を三角にして走るので、付いていくには走りのパフォーマンスのある方を選んでしまうのだ。

■一方でHPNの方も少し問題がある。元々、モンゴルを走ろうと思って重装備で日本の林道ではその巨体を持て余す。いや、マイペースで走れば良いのだが、目が三角な人たちが…。

■そこでこの状況を改善する提案するアイディアが『ライトヴァージョン』への換装だ。タンクはハチマルの19.5Lタンク、カウルは取っ払って適当なEDマシンのライトカウルを付ける。たぶん、重量は大して変わらないと思うけど、見た目が軽く、取っ付きやすくなると思う。ツーリング出来るようにパニアステーも付けたいよね。

e0160817_21333112.jpg



■HPNとは長く付き合って行く予定なので、たまにこういう風な外装の換装(お召し替え?)するのも良いと思う。奥さんをコスプレさせるとか?そんな感じ??MHだって時代の流行で外装を変えているしな。また、モンゴルへ行くときは元に戻せば良いのだ。

■問題はフロントフォークと干渉してハチマルタンクは簡単に付かなかったりする。どっかからタンクを探して改造しないと。
[PR]
by hpn1043gs | 2009-06-08 21:35 | HPN

レースライト・チェスト・プロテクター

■最近、近所にNAP'Sが出来たのでちょっと見に行ってきた。

■行ってみると、なかなか盛況のようで、これでは以前からあったHYODOの方は客足が落ちて大変なんじゃないだろうか?お客としてはお店が増える事は嬉しい事だ。いくらネットでなんでも購入出来るとは言え、実物を見て買い物が出来るメリットは大きい。

■最近、気になっているプロテクター…Forcefeildの商品は置いてないか見たところ、胸部プロテクターとシャツに縫い込んであるタイプのものがあった。シャツの方ははっきり言って論外。胸のプロテクター部分は薄くて使い物にならないと思う。一方で胸部プロテクターは思ったよりしっかりしたものだった。厚さも2cm程度はあり、個人的な感想としてはUFOなどのブレストガード的なものよりずっと保護機能は高そうだ。
e0160817_121185.jpg


■エクストリームハーネスアドベンチャーにもこの胸部プロテクターと同等のものが装着されているなら買っても良いかも。しかし、やっぱり買うなら実物見てみたいところだが…人柱覚悟でいってみるかなぁ。
[PR]
by hpn1043gs | 2009-06-08 01:09 | OTHER

マエノリティ

■今週はGSチャレンジがあったのだが、急遽、北4参戦を決意したので資金不足で行くのは止めた。会場もうちから遠いので、先月の病み上がりのダウン気分のときは行きたくなるようなモチベーションはなかったし。今はすっかり直ったので、少し行きたかったとも思うのだが…。

■だから、今週も安上がりに近所で練習です。前回に続いてハーフロックからの進入が課題。とりあえず、林道へ行ってみた…まずはエンストはしなくなった。しかし、まだうまくコントロールしているって感じじゃないな〜。フロント荷重に関しては、前乗りの乗り方が少し分かって来て、うまく乗れたときはおもしろいようにバイクの向きが変わる。座るタイミングがコツなのかな??きっちり向きが変わるので早くアクセルが開けれる。そーそーこんな感じでどこでも走れるようになりたいんだよなぁ。ただし、長いストレートのあとのカーブはリアのコントロールが難しいし、そういうときに限ってちゃんと前乗り出来てなかったりとイマイチ。あと、積極的に前乗りしようとするとタンクが太すぎてなんかいまひとつしっくり来ない。HP2ももう少しタンクをスリムに作れなかったのだろうか?

■あと、今回からサグを少しだけ多めに取ってみた。フロントも合わせてソフトセッティングになってきたけど、林道では大分乗りやすくなったと思う。
[PR]
by hpn1043gs | 2009-06-07 00:41 | HP2 Enduro

リアットブレースの憂鬱

■前回までのあらすじ…リアットブレースとホンダ ボルドール プロテクターの相性が最悪、如何にして解決するべきか?

■ホンダ ボルドール スーパープロテクションジャケット
バイクの死亡事故の割合は頭の次に胸部打撲による原因の事故が多い。このジャケットは胸部プロテクションを重視して開発された。コレに比べると他のプロテクターは胸部のプロテクションの貧弱なモノばかり。
e0160817_22494391.jpg

しかしながら、この胸部プロテクターの厚み&曲面がリアットの座りを悪くしている。脊椎側の厚み&曲面も同じ事が言える。リアットは元々、インナープロテクターの上から付ける事は考えられてないのだ。

■それじゃ、正しい付け方は?というと脊髄パットの下にブレースを入れることが正しい。正しい付け方による対応案は?

●対応案(1) ジャケットを専用のものに変える。
精髄パットの下にブレースを入れると通常のジャケットでは首周りが狭くて使えない。例えばリアット用にこんな首が広いジャケットが売っている。首の周りが外れてリアットが付けれます。
e0160817_234837.jpg
e0160817_2342952.jpg

難点としては、レインスーツを着れない事。首周りが開けっ放しになるので、雨が盛大に進入するでしょう。
今のラリースーツも便利だから変えたくないしなぁ…。それに前側の曲面による座りの悪さも残ると思う。

●対応案(2) ホンダのプロテクターを改造
胸部のプロテクターが特に合わないので、胸に代わりのプロテクターを付ける。胸部プロテクターだけでもいくつか売っている。どうせならd3oなどの衝撃吸収材で出来ているモノが良いのだけど…あまりちょうど良い商品がない。それに後ろの曲面の座りの悪さは残る。
e0160817_2316407.jpg


●対応案(3) インナープロテクターを新規購入 その1
一応、リアットブレース用のプロテクターも出ている…UFO/ リアクター2チェストプロテクター
e0160817_23214946.jpg

おそらく、これが一番座りがいいはずで、前も後ろもリアットに合わせた形状になっている。インナープロテクターとしても使えるから便利。ただし、肩のプロテクションがないのが困る。ジャケット側に肩と肘のプロテクターを付けるか?あるいは、ホンダのプロテクターの胸部と脊髄のプロテクターを外して、肩と肘だけにして併用するしかないか?

●対応案(4) インナープロテクターを新規購入 その2
ちょうど良いインナープロテクターがないか探してたら、コレがいいんじゃないかと思った…FORCEFIELD エクストリームハーネスアドベンチャー
e0160817_23341155.jpg
e0160817_23344746.jpg

通気穴の多いソフトプロテクターで唯一欧州規格を通っているとか?ハード素材じゃないと不安もあるけど、警視庁の二輪車安全キャンペーンで教習所、二輪車実技講習の胸部プロテクター義務付け対応商品にもなっている。少なくてもダイネーゼと同等のプロテクションと考えていいかな?
これなら、曲面部もないし、第一、ソフト素材なのでリアットとのマッチングも良いはず。涼しさや動きやすさの点でも有利かもしれない。問題は値段ですよねぇ…でも、かなり気に入っていて今にもポチっといきそうです。



■自分メモとして、現状のリアット問題対応の検討状況をまとめてみました。さて、どうしようかな〜?
[PR]
by hpn1043gs | 2009-06-04 23:46 | OTHER

八の字練習

■先週末は久々に河原でトレッキングをして来た。

■河原のトレッキングは砂利あり、サンドあり、地形も複雑なので、テキトーに走って遊んでいるだけで体幹を鍛えられる。わざと轍多い場所へ行ったり、自分でグルグル回って路面を荒らしたりして走っているとなおヨシです。
e0160817_23391282.jpg


■この日はちょうどよい広場があったので八の字でコーナリングの練習もしてみた。進入でハーフロックでリアを滑らし曲がる練習…3桁手前まで引っ張って進入、ギアは3速だ。HP2のクラッチは乾式単板で半クラッチを多用するとあまり耐久性が良い方ではない。 そのため、ハーフロックの進入は極力避けるようなコーナリング方法を試行錯誤してきたが、やはり、有効バンク角を稼げないビッグは進入でもリアをうまくコントロールしつつ滑らさないと速く走れない…という結論に達した。以前も似たような走り方をしていたが、ギアは2速で滑らしていた。しかし、ハイパワーなエンジンのおかげで立ち上がりも必要以上に滑りまくり。やはり、エンストしないで3速、4速で曲がれるようになりたい。

■広場の路面は多少硬めのサンド質で走りやすい。おかげでコーナリングもやりやすく、練習としてはよろしくないけど、スライドしつつグイグイ曲がって行く感じが凄く気持ち良い。ビッグオフの楽しさはパワーにまかせたコーナリングにありますね。何回も走っているとだんだんいい感じになって来たので、今週末も練習に行って、さっさとマスターしたいと思う。
e0160817_23465127.jpg


■ところで先日フロントサスをOHしたおかげで良い結果が生まれた。以前は腰砕けになるのでコンプレッション(リニア)側を弱く出来なかったが、トップのエア抜きネジのOリングを交換したら腰砕け感がなくなった。そのため、コンプレッションも弱く出来て路面追従性もよくなり、フロントの接地感が上がった。特にガレ場が顕著でかなりの効果ありというところ。(次回の岐阜ツーではリベンジしてやる。)
ちなみに件のOリングは社外品エア抜きバルブからオイルが漏れて来て、暫定的にそのOリングをそのまま使用して普通のネジに交換した。たぶん、それが劣化して常時大気解放状態になっていたみたいです。つまり腰砕けの原因はエアクッション不足だと思う。腰砕け防止でどんどんコンプレッションを上げて行ってしまった訳…。トランポに積むときサスを縮めて瞬間少しおかしいと思っていたのですが、対処しなかったミスです。思ったより効果あったみたい…。

■この日、リアットブレースも調整してみて使ったみたけど、やっぱりホンダのプロテクターと相性悪い。胸のプロテクターの上が押されて下が浮く。そういう不安定な状態なので、リアットブレースもすぐ浮き気味になってしまう。さて、どうしようか?…
[PR]
by hpn1043gs | 2009-06-03 00:05 | HP2 Enduro