<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

T代山トレッキング

■土曜日はGSセントラルの皆さんとT代山をトレッキング。久々に押したり引いたり木にぶつけたりといい汗かきました。

■普段、ビッグオフの乗っている皆さんですが、今回はなにやら、シャルパやら、XR230やらトレッキングバイクで来てるじゃありませんか?…え〜と…、自分の場合は持っている一番小さいバイクは690EDなのです…しょうがないので玉砕覚悟で行った。

■現地に着いてちょっとセッティング。サスの圧減衰は全て抜いて、インジェクションのマップセレクトをソフトモードに変更。ちなみにモードは4つあって、アドバンス、スタンダード、ソフト、レギューラーガス用。ソフトモードにしたら、4スト250くらいのパワー特性になる。これがなかなか良くて、こういう荒れたシングルトラックで疲れるのはアクセル開け始めのレスポンスが良すぎる場合が多い。アドバンスにした場合、凄まじくレスポンスが良くなって普通の林道でも疲れるのだが、ソフトは本当にマッタリ…。これでなんとかガレステアでも走れるようになって、辛うじて完走出来ました。死にそうに疲れたけど。

■たぶん、うまい人だったら690EDでもガンガンいけるような気がします。でも、トレッキングの苦手自分はもっと軽いバイクに乗りたいな。気楽にリカバー出来ないとどうもチャレンジが億劫になってしまう。そういう意味では125を乗っていたときは気楽にチャレンジして気楽に失敗していたかも。

■今回は思ったより楽しかったので、ちょっと4スト250エンデューロマシンがほしくなってきた。トレッキングバイクはあの場であの走破性能を魅せられてもちょっとそそらないかな?


e0160817_23474597.jpg


e0160817_2348524.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-05-24 23:56 | KTM 690 Enduro

Bitubo インナーカートリッジキット

■しばらくはサスペンショングレードアップ化を目指しての考察シリーズです。

■F800GS用でBitubo インナーカートリッジキットがありました。

http://www.landparts.com/info.php?i=295

F800GSのフロントフォークはマルゾッキで径もHP2と同じなのですが、調整も効かなく輪を掛けてショボイので、こういうものが必要になるのでしょう。
値段は522€だから、ハチマルのカートリッジキットのようなものですね。

これを流用してもあまり変わらないと思われ。せっかくだから、もっと上のグレードを狙いましょう。


e0160817_22122465.jpg



■どうでもいいけど、F800GSもこれくらいイジるとカッコいいなぁ。

e0160817_22434470.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-05-18 22:18 | HP2 Enduro

そろそろ手を付けたいこと。

■HP2のリアサスが少し跳ねるようになってきたので、OHに出すことにした。ついでにフロントサスの相談もしようと思ってサス屋さんに行ったら、全日本MX選手権に行ったとかで留守でした。タイミング悪っ。

■とにかく、HP2のフロントフォークをグレードアップしたい…ということで方法を考えてみた。その前に、純正のフロントフォークは片側だけしかまともに機能しないマルゾッキの安いやつです。車両価格は高くてもこのサスはしょぼくて全然安っぽい。

方法1.G450Xのフォークの中身に交換。G450Xは同じマルゾッキでも2本とも同様に機能する普通の構造なので、その中身だけを交換する。ただし、BMW純正部品だから高いかも?

方法2.Φ45のフロントフォークを探して付ける。もしかしたら同じマルゾッキだとトリプルクランプを作らないで付くかもしれない。

方法3.いまどきΦ45も細いのでΦ50のフロントフォークを付けるためにトリプルクランプをワンオフで作製。フォーク自体は国産を流用するか、あるいはKTMのSXSフォークなんか付けると良いかも。やっぱり、どうせならツインチャンバーのフォークにしてみたい。

■方法1は値段の割に機能アップはあまり期待できないかも。どうせ付けるならもう少し良いサスを付けたい。

方法2は今、円高なので意外と安上がりかもしれないが、純正クランプに付く保証がないかな? フォークの外径が確認出来ればいいのだが。

方法3は機能的にはベストだがまともに作ればコストがいくら掛かるか分からない。でもやろうと思えば出来ないこともないか…?

■海外かどっかでHP2用のトリプルクランプとか作ってないかなと思って探してみたけど、さすがになかったです。需要あるのになぁ…。さてどうしましょう?


e0160817_1181445.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-05-18 01:20 | HP2 Enduro

やっぱりナビ能力が基本だし

■今年のTBIで特徴的だったのはSSに分かりづらい分岐が多かったことだろう。ただ分岐があるだけではなく、どうもコマ図と現場の印象と違っていた事も迷った原因だと思う。それはともかくSSでのライテク以外のナビゲーション能力も必要になってきて順位も上下も激しかった。ほとんど全部引っかかった自分がいうのもなんですが、競技自体もおもしろくするため、今後もぜひこの方針で行って欲しい。

■このように思うに至ったのは実は昨年の北4に原因がある。昨年はエンデューロライダーも大勢参加して、SSも凝っていておもしろかった。しかし、なにか不足していた感じがした。それはおそらく競技としては不確定要素が少なかったからだろう。北4自体、ナイトランがない、一日の距離が短い(北海道にしては)、期間が短いとラリーとしては比較的楽な傾向がある。また、SS自体も他の車が入らないように分岐に全て人をおいて完全にクローズしている。致せり尽くせりな環境である。CPタイムも昨今の事情を考慮するとそんなに厳しい設定に出来ないはず。そうなるとSSでタイムを決めるのはライディングテクニックによる実力のみ。純粋な競技として正しいけど、それだとオンタイムエンデューロとあまり変りないような気がする。

■実は昨年の北4はラリーライダーVSエンデューロライダー的な雰囲気が漂っていた。例えば、エンデューロ界でいうとモトクロスライダー参入、トライアルライダー参入とかいうノリですね。でも、北4ではラリーの経験抱負なライダーのメリットってあったのかなと疑問に思う。どの業界もいきなり他業種専門の人が来て、優勝持っていかれる乗って悔しいじゃないですか?もちろん、参入は刺激になって大歓迎ですが。だからエンデューロライダーにもオンタイムエンデューロと同じだなと思うこと以外のおもしろさも持って帰ってほしい。

■結論ですが、北4にも今年のTBIの要素を入れてほしい…、あるいはTBIにも有名エンデューロライダーが来て優勝争いをしてほしいと言ったところだろうか?
[PR]
by hpn1043gs | 2010-05-15 12:02 | OTHER

TBI 2010 まとめ その2

つづき…

■DAY5 393,56km
残すはあと2日。朝のSS9は前半、普通の林道で後半はシングルトラック。コマ図にはクレバス注意の記載もある。例によって道を間違いないように注意して走るがシングルトラックに入るタイトな右折を見逃す。しかし、数メートルで広場に出たのですぐにUターン。ロスはあまりなかった、その後のシングルトラックは無難に走るのがせいぜいでどうも攻めきれなかった。すぐに終わるかと思ったら半分はシングルトラックでした。
5日目となると記憶が混乱してこの日の印象は薄いのだが、温泉はちゃんんと入った記憶とオッジーさんが立ちゴケでステップを曲げた記憶だけは残っている。
夜のSS10はいつも25キロ林道を10キロ減らして15キロにしたSSでした。前半の上りのガレガレ、後半のスリッピーな下りと苦手なコース。この日の夜はまた反省して、もうラリー辞めようかなと思っていた(毎回恒例なのですが)。

SS9 28位  SS10 29位  分岐迷わず走ってもイマイチと思うときはいつもこの順位だな…29位
この日まで総合順位 25位 (40位からのジャンプアップ)

■DAY6 385.15km
いよいよ最終日。最終日なので結構な距離があって大変でした。この日、初日にキャンセルされたSSの代わりにSS13が一本追加された。
SS11は昨晩のSS10の逆走。逆走しても苦手なものは苦手。ガレの上りがメインだが、どうも立ち上がりでもたつく最近の癖が抜けない。
SS12はフラットな林道。実はこの前にやっぱりフロントサスが悪いと思ってセッティングをいじった。ダートがなかったのでSSで一発勝負。しかし、200メートルくらいいった最初の分岐で左折を間違えて、真っ直ぐ行ってしまった。すぐに止まってけど、Uターンが出来なくてんバイクを降りて押して戻った。30秒くらいロスったかも。その後はもう分岐を間違えないように慎重に走る。フロントのサスは接地感が少し上がって大分良くなった。
次にSS13では最後だし目一杯頑張るぞ〜と活き込んだが、オールシングルトラックのコースだった…。結局、無難に走りました…

SS11 29位  SS12 27位  SS28位  総合25位でゴール   結局、実力はこんなもんだ…。


次回は反省点についてもう少し考察したいと思う。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-05-12 23:58 | HP2 Enduro

TBI 2010 まとめ その1

■TBI 無事に帰ってきました。総合順位25位、インターナショナルクラス3位でした。成績だけ見ると可もなく不可もなくといった感じですが、SSでミスコースしまくりで反省する点は満載。分かっていたけど、準備不足を痛感しました。予想していた問題が全部出てしまった感じです。

■今年はSSに分岐が多く、コマ図と距離をきちんと見てないとミスコースしまくりです。自分もとんでもないミスコースを何回もしてしまいました。ただ、競技としては単なる速さ以外の要素で順位がひっくり返るのでおもしろかったです。他にSS内でリム打ちでパンクしたり、エンジン不調になったりと最悪。フロントサスも直前でオイル粘度変えたところは良かったのですが、最終的に煮詰めが足りなかったようです。あと、今回のSSはシングルトラックも多くて、走るのは問題なくても攻めるのは難しいなと実感。どうしても転けないように無難に走ってしまうので、もう少しガツンガツンアクセルを開ける練習が必要かも。他に細かいところではマップケースの駆動用のゴムが伸びて空回りしてしまってSSでは困りました。

以下、簡単にまとめ (リザルト送られてきたので追加しました。)

■DAY1 122.01km
SS1がキャンセルになって、SS2よりスタート。谷間にある林道で比較的フラットだけとコーナーの方向が読みにくかった。もうちょっとコーナーの奥までライトが届けば良かったのに。

SS2 29位   ここまでの順位 総合29位 …去年の北4からずっと29位

■DAY2 373.4km
ダートが159km予定されていた日でしたが、工事でショートカットを余儀無くされ比較的余裕があった。時間があったので温泉も入った。
朝のSS3はタイトなコーナーが連続するフラットな林道。ときどき湿った路面あり。分岐で間違える人もいたけど、自分は大丈夫だった。
夜のSS4は最初はガレ林道でだんだん荒れてきてシングルトラックに。分岐が難しくて、スイッチバックする箇所を道がないと思って2キロくらい奥に行ってしまった…。たぶん、7〜8分はロスったと思う…。(ここで終わった…と思ったけど、あとで聞くと他の人も結構間違えていたようです。)

SS3 21位  SS4 38位  ここまでの順位 総合29位 …上がって下がって変わらない…。

■DAY3 357.87km
この日も工事で大幅ショートカットがあり、時間に余裕あり。海岸ルートをのんびり走り、温泉に入る。
朝のSS5は前日の逆走。でも、分岐が判りづらく、昨日の失敗もあり慎重に走った。
夜のSS6は超高速SSで、路面がフラットから途中から上り、深砂利になった。半分くらい走ったところでいきなり振られたと思ったらリム打ちパンクしていた。上りなのでリア荷重で誤魔化しつつなんとかSSゴール。この日はフロントタイヤ交換の日だったので、修理も2度手間になるため、リエゾン残り25キロはそのまま走っていくことにした。しかし、ダートが10キロもあってえらく疲れた。どんどん後続車に追い抜かれてひとりぼっちに。ゴール2キロ手前で急にエンジンストール。昼間もトロトロ走っていたら起こったけど、恐らくプラグ劣化のせいではないだろうか?少し時間を置いたらエンジンも掛かったのでなんとかゴール出来た。

SS5 21位  SS6 35位   ここまでの順位 27位 …また上がって下がって少しだけ上がった。

■DAY4 499km
この日は最長距離でタイムスケジュールもきついため、さっさと進めようと考えていた。しかし、スタートしたらすぐにエンジンストール。走っていてもアクセルのツキがおかしい。とはいえ、時間もないのでそのままSS7に入る。朝のSS7はウエットで荒れている林道。アクセルの反応がおかしいのでまともに走れない。モタモタ走っていたら、後続車に引っ掛けれて転けてしまった。泣きっ面に蜂だ。SS出て修理して先を急ぐ。たぶん、エンジンは昨晩のトロトロ走行でプラグがくすぶっている状態になったので、それを解消するため多少開け気味で走った。プラグを新品にしておけばこんな問題はなかったハズだが…。
CP2には閉鎖10分前に到着。一応、間に合うように計算して走ったのだが危なかった。ここでエントラント半分弱は間にわなくてペナルティを受けていた。
夜のSS8はフラットだけどそこそこタイトな林道。分岐が一箇所だったが判りづらく、しかも、ちょうど自分が分岐に来たら前のバイクがトロトロと右方向へ向かっている。思わず、追い越してどんどんその道を進んだがどうやら間違っていた模様。2キロくらい走って不明な分岐が出てきたので明らかに間違っていることに気づいた。
諦めて戻って件の分岐に来たところで、KAWASEさんと遭遇。一瞬迷っていたようだが、バイクが戻ってきたのに気づいて正規の方向へすぐに走った。自分はここで7〜8分ロスしているので最早急いでも意味がなかったが、自分のミスと不幸に妙に腹が立って、KAWASEさんを追いかけるように全開で走った。たぶん、このときが一番速く走れたと思うけど、全く意味がなかったというのは言うまでもない。

SS7 40位  SS8 49位  ここまでの順位 40位?…実は間違えてCP不通過のペナルティを付けられていた。送られてきたリザルトもこの日は修正されてない。この日は色んな意味で最悪だった。


つづく…
[PR]
by hpn1043gs | 2010-05-09 16:13 | HP2 Enduro