タグ:イベント ( 31 ) タグの人気記事

GSセントラル夏合宿 in 中山高原

■今年のGSセントラル夏合宿は涼しいところでやろうということで、信州大町 中山高原で合宿を行った。マツモトさんがBOGTでよく使っているコースだが、夏に走るにはちょうどイイ環境だった。

■お盆だったのにも関わらず、スタッフが走っているくらいでほとんど貸切状態。小さいコースだけど、メインのコース以外もウッズやヒルくタイムなど色々と遊べた。
朝晩も涼しくエアコンいらずで、走っている間は暑くても木陰が涼しく快適で、林にピットを作りアメニティもばっちり。コース向かえの民宿もリーズナブルで食事も好評だった。

■実は走りはそこそこでのんびり過ごそうかなと思ったのだが、なんだかんだでみんな結構走ってばかりで、合宿の3日間満腹走行になり疲れた。特に2日目午後以降からはヒルクライム大会になって、かなり盛り上がった。こういう場合、普段なら遅れを取るハメになる自分ですが、今回はバイクがスルスル登ってクリアが多かったです。でも、G450Xすげ〜な〜と本人が全く評価されないのはどういうことだ?

■3日目はAJC2Vでお世話になったSさんやWさんが走りに来たりと色々あって、楽しい時間が過ごせた。またぜひ次回機会を作って遊びに行きたいですね。

e0160817_0225069.jpg

e0160817_0225787.jpg

e0160817_02423100.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2011-08-25 00:24 | G450X

BOGT2Days

■BOGT2Days…アサマまで行ってきたのだが残念ながら写真が撮れなかった。

■前日の夕方から自宅を出て健康ランド泊…うちから遠いので朝直行だと辛いのです。朝に現地に行くとSERのS木さんが来ていた…しばらく怪我してたようで久々の再会。OAのクルマに便乗してきたとのこと。今回はKTMの大きなバックアップがあり試乗車も持ち込んでいた。

しかし、当日の天気は雨! 自分のテンション下がり気味でなかなか準備に取り掛かれなかったのだが、モンゴル帰りのA井さん(今回スタッフ)がさっさとバイクを降ろしてくれてようやくヤル気に。

■主催のマツモトさんの説明のあと、初めて、初級者、中級者のグループに別れて、まずはグループごとに外周を周回することに。フルコースの1/3程度のコースで外周路は緩やかにカーブが続きているハイスピードコース。雨でもしっかりした路面だったのだが多少バンプがありハイスピード走ると跳ねてしまう。絶好のハイスピードコースなのだが、実はこれは慣れないとなかなかスピードが出せない。また、それ以外の場所はすぐにドロドロのマディ状態になってしまった。HP2で走ったがどうも慎重になって思い切りが足りない。

他にもウッズコースがあったが、こっちもドロドロでビッグオフだとなんとか走れるという具合。でも皆さんうまくて中級者のグループではほとんどスタックしてなかったんじゃないかな?

■ある程度走ったところで、自由行動。自分は早速、お目当てのKTMの試乗へ。用意された試乗車は990ADV、690ED-R、500EXC、350EXC、250EXC-Fです。500EXCは12年モデルからインジェクションになった。530と排気量は変わらないけど、ネーミングは500に戻っている。530も以前乗せてもらったけど、それに比べて圧倒的にトルクが増えているように感じる。600クラス並のトルクかな〜? 長い外周路も短く感じるほどスピードが出る。回しきるのが大変な感じ。それでいて軽いし、泥のウッズも軽くこなせる性能がある。さすがの仕上がりだ。

次に乗ったマシンが350EXC。今年からラインナップに加わったオールニューのモデル。500に乗った後なので、これくらいのパワーだとなんとか回せるしそれでいて速い。最初はなかなかのマシンと思ったのだが、あとで考えると少し押し出し感(トラクション)が弱い…エンジンが先に回っているという感じ。これを感じたのは次に乗った250EXC-Fと比較したせいだ。

250EXC-Fは今回の3台で一番良かった。今まで乗ったEDマシンの中でも最高の仕上がり。とにかく押し出し感が凄くてとても250とは思えない。ピークパワーではたしかに350に負けるけど、それ以外は全て勝っていると思う。泥のウッズでもすいすい前に進んでくれる。しかも車体は軽く、足回りはしなやか。泥でもどこでも平気でとにかくすいすい泳ぐように走れて楽しい。それでいて外周路でも十分なパワーを感じられる。基本的に足回りは3車とも同じようなしなやかな出来なので、エンジン特性がモロに印象に残った感じです。

トラクションの良いバイクはホントにライダーを助けてくれるバイクだな〜と実感した。

250EXC-Fの購入は無期延期にしておいたのだが、こんな素晴らしい出来にマシンに乗るとまた物欲が持ち上がるなぁ。

■トラクションが良いと言えば、kaniyasanさんのスペシャルスラッシュに乗せてもらった。リアのスイングアームを伸ばしてフロントフォークをコンバートしたスラッシュだけど、元々良いトラクションに助けられて泥の中でもグイグイ進むのは感動。これでもっとフロントのセッティングが出ればかなり楽しいバイクになると思う。

■この後、色々触発されて自分のHP2でも走り込んだ。慣れてくるとだんだん楽しくなって、泥でもガンガン走れることが判明。やっぱり、HP2はオールマイティに楽しいなぁ。最初は雨で憂いでいたけど、おかげでこの日は満喫出来た。試乗も泥だったおかげでその性能が分かりやすかったし。

■とは言え、翌日も雨だったので日曜日の走行はパスして帰らせてもらった。やっぱり晴れの日が一番です。
[PR]
by hpn1043gs | 2011-08-23 23:46 | HP2 Enduro

AJC2V in 信州

■全日本2V会議 in 信州に行ってきました。

e0160817_2119219.jpg

e0160817_21193092.jpg

e0160817_21193671.jpg

e0160817_21194020.jpg


■みんなエアヘッドの大好きな濃い人たちばかりで、久々にGSに没頭出来た2日間でした。
最近、こういう集まりに縁遠かったので少し寂しかったのですが、まだまだ好き者たちは健在でやっぱりGSは良いなと実感出来ました。コースの方もなかなか充実していて特に2日目はたっぷり遊べた感じです。

■HPNも久々に乗ったら調子が良くて気持ちいい走りをしてくれました。林道の走破性はHP2に負けてしまうけど、良く回るエンジンをギュンギュン回して走る気持良さはHP2にないものです。自走で雨にも降られて疲れてはいたのですが、帰り道もテンション上げて帰って来ました。

■ただし、あの巨大なタンクは日本の林道では邪魔臭くて走りをスポイルさせてしまうので、やっぱり軽量化大作戦を予定通り進めたいと思います。
[PR]
by hpn1043gs | 2011-08-07 21:31 | HPN

忘年会ツーリング

■先週はGSセントラルの忘年会ツーリング。先週の強風で落ち葉は多かったけど、穏やかな天気でツーリング日和でした。もっとも、ツーリングの方はレイドSとサワディH氏と私の3名だけでほとんどのメンバーは夜の忘年会で合流となったが…。

e0160817_20133484.jpg


e0160817_20134525.jpg

*レイドS氏、SER試乗の図

■HP2は入院中なので、G450Xで林道を走った。リアタイヤはトラタイヤのままだ。ガレ場のグリップは相変わらず良いが、普通の林道ではリアが流しにくくてなかなか慣れない。おそらくグリップが良すぎるのだろう。後半すこしずつ慣れてきて、普通の林道でもイイ具合に走れるようになってきた。こうなると遠州周辺で遊ぶ限り、ずっとトラタイヤのままでも困らないかなという感じ。なんといっても、湿った落ち葉や苔のある舗装路で安心な点がメリットだったりする。モトクロスコースでも行かない限りしばらくこのままでも良いかな?

■夜の忘年会はkawaseさんが編集してくれたELDやお山遊びの映像で無茶苦茶盛り上がった。しかし、映像はずっと残るから怖いね〜。今度、みんなでヘルメットカメラを手に入れて走行中の映像も撮りたいですね。(あと、BGMも入れて)

■最後にG450Xのおニューーのカラーリング披露。陽の光の下で見ると意外と決まっていたので気に入りました(写真は日陰で撮ってしまってイマイチだが…)。

e0160817_20301473.jpg


■シートも思ったよりSTDに対して脚付きに変化はなかったです(元々、腰をずらさないと足が着かないから?山だと苦労するかも?)。グリップはさすがに十分すぎるほど良く尻がほどんど滑らなくなった。そのおかげで、上りも腕で抑える必要もなくなり、ずいぶん楽に走れるようになった事は助かる。問題はシートの硬さがSTD並で、やっぱり尻が痛くなるけど…。乗っていくうちにヘタって馴染まないかなぁ…? とりあえず、そんなに大きな問題はないのでしばらくこれで様子を見ていこうと思う。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-12-06 20:34 | G450X

お山遊び再び

■春に続いてのGSセントラルのイベント…某山でお山遊びを行った。前回は690EDでえらくしんどかったが、今回はG450Xを準備、さらにはチュブリス+トラタイヤで死角無しといった念の入れよう。体力は心配だけど、引っかからなければ大丈夫だろう。

■…と思っていたのだが、走りだしてすぐにまだ死角があった事に気づいた。タイヤのグリップ力は流石で助走でミスっても失速しそうになってもグイグイ登っていくのだが、尻が滑って体が遅れてしまう。この尻は自分の尻です。つまり、シートが滑ってバイクだけグイグイ登っていくのだ。これがもう笑っちゃうくらいに。もちろんスタンディングの時は関係ないのだが、ずっとスタンディングなんて無理なんで、上りで足を着いてターンしたり補助したりして走るとバイクだけ先に行ってしまう。こうなるとしょうがないので腕踏ん張ったり無駄に力が入って体力を消耗してしまう。普段、腕上がりなんてしないのに今回は腕がツリそうになった。今まで平地でほとんどスタンディングばかりだったので気付かなかった死角だった。

e0160817_048291.jpg


■それでも前半はいい感じで走っていたのだが、体力の落ちてきた後半に撮影の演出を狙うkawaseさんが丸太トラップをそこら中に仕掛けたため、状況は最悪に…。このバイクは足が着かないので助走無しでの丸太越えとか自分には難しい。しかもバイクは尻で滑って先に行っちゃうし…。最終的にはまた電池切れになってしまった…。

■どうにもスキル的にもマシン的も課題が多いなぁ。でも、690EDの時より全然楽しく走れたし、G450Xのポテンシャルも感じたので収穫アリというところかな? G450Xでトレイル走るのは楽しいです。多少重さを感じる事もあるけど、排気量があると楽チンですね。来年は一回くらいエンデューロに出てみたいので、練習頑張ろうっと。その前にシートは早急に対策しなければ。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-15 01:02 | G450X

Door of Adventure

■先週は 福島のラリーイベント「Door of Adventure」へ行ってきた。

■福島までの距離は四国より近いのだが、問題は東京を抜けなければならない。行きは夜中に通るとして帰りは渋滞にハマること確実。それを懸念して、T代くんのトランポに便乗して行くことに。交代で運転すればなんとかなるかなと思って…結局、自分はほとんど運転してなかったけど。そんな心配に加えて、よりによって季節外れの台風直撃…になりそうだったのだが、幸い直撃は避けられた。ただし、二日とも雨が降ってイベント自体はずっと濡れネズミで大変だった。

e0160817_0142911.jpg


■そうは言っても一度濡れてしまったら、もう開き直って走りまくるしかない。ナビゲーション方法として、コマ図部門とGPS部門があったが、自分はGPSをチョイス。ルールは多少複雑で正直把握出来てなかったが、要は少ない距離で走れば良いのだろう。となると、GPSを逐一チェックして分岐で行き過ぎてしまう事がないように気を付けなければいけない。最初はGPSに集中していたけど、おもしろい林道が多かったのでついつい走りの方に気が向いて行き過ぎたり迷ってしまった。走りを楽しむならコマ図の方が良かったのかな? もっとも、コマ図を巻かないでいいのは楽なんですが。

■ルートの方だが全体距離の割に林道が思った以上にあって満足だった。雨でせっかくの景色が見えなかったのは残念だけど、走りの方はたっぷり楽しめた。福島ってホント林道多いんですね。今回はHP2で行ったけど、ビッグオフばかりだったので正解でした。久々にビッグオフならではのドリドリ走行を満喫。無理やりトランポに積んで行ったかいはあったかも。

■そういえば、この時期に周りがビッグオフばかりのラリーイベントというとGRMを思い出す。雪が降る地方は11月はそろそろ寒くなってくるから、大きなイベントでは今年最後のイベントになるのかな? 区切りにもなるのでまた来年もこの時期になんかやってほしいですね。

■で、帰りの東京の渋滞は全くハマらなかった。台風のおかげで行楽客がほとんどいなかったせいだけど、これが雨だった唯一の恩恵だったなぁ。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-06 00:26 | HP2 Enduro

どろんこ祭り 2010

■恒例のどろんこ祭り、今年はG450Xで行って来た。

■こいつでコースを走るのもジャンプをするのも初めて…だから丁度いいかなと思って。ちょうど慣らしも終わったところだったので、その場でコネクターを短絡してフルパワーにしてみた。そのおかげかフロントがぐいぐい浮いてガレ上りも楽に走れる。ついつい熱中してしまって、かなりの時間ぐるぐると周回をしてしまった。実は飽きっぽいのでコースランでもすぐに周回を止めてしまう自分だが、やはり走るマシンだと楽しいからかな?

■ところで、現地では、最近知り合った方とか懐かしい方とか会えて会話も出来て楽しかった。特に以前バカミーで御一緒させていただいたU澤さんは懐かしすぎます。またぜひ一緒に走りたいですね。

e0160817_2236095.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-04 22:46 | G450X

BOGT合宿 in 中山高原 後編

■イベントには出てたのですが、どうも仕事が忙しくて更新出来なかった。旬も過ぎた話題ばかりなので一言二言で終わらせます。

■BOGT合宿の二日目は雨も上がったが、泥が掃けなくて大変だった。そんな中、黒土の林間コースをみんなで走りに行って…推して知るべし。

e0160817_22305131.jpg


■行きはまだしも帰りは滑落してやばかったです。ツルツル路面でのビッグオフは下りの方が危険と再認識。

e0160817_2231310.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-04 22:32 | HP2 Enduro

ELD500 2010 スタッフ記録

■いよいよELD500本番。天気は快晴で路面状態も良好。スタッフは前日にミーティングで配置を検討。常任スタッフのJJさん、T代さん、kawaseさんに加え、K92さんが臨時スタッフとして参加。私も含めて5人体制で挑むことになった。夜21時からブリーフィング。今年のエントラントは総勢14名。

■当日は4時半ブリーフィング、5時スタート。一応、排気量とクラス分けによるスタート時刻を設定。全体の進行がバラつかないようにする配慮。自分は見学のSS木さんを連れて1ステのスイープを担当。途中、ブラインドチェックのJJさん、1ステ難所監視のkawaseさんと合流。その後、またソロでスイープしてたが、CP1前15キロ地点で慶山さんが腕の怪我で頓挫しているところを発見。とりあえず、タンデムで舗装路まで連れてから、CP1までトランポを取りに行った。負傷者とKLEは回収して、JJさんに引渡しキャンプにまで連れていくことに。

■SS担当のJJさんがいなくなったことと、3ステ先行偵察に行ったkawaseさんの報告により、SS区間がクリアにならないとのことで中止を決定。CP1(2も兼)担当のK92さんによるとまだ誰もループコースである2ステをクリアして戻ってないという。2ステは別名T代山と言われるある意味地獄区間。難所監視担当のT代さんからもなかなかエントラントがクリアした報告が入ってこない。その後、一時間くらい経ってから、がおうさんがCP2に到着。また一時間くらい経ってから4〜5人のエントラントが到着した。この時点で予想より一時間半以上の進行遅れ。2ステがなかり厳しかったのだろう。

■進行遅れに合わせて自分もCP3に向かう。もちろんショートカットしている。CP3に着いてから一時間くらい待って、がおうさんが到着。かなりハイペースを守っているがさすがに少し疲れがみえる。その後、ショートカットしたA井さん、まふりかさんが到着。さすがにしんどくて完走は諦めたらしい。第2陣のエントラントが到着前にCP要員交代としてJJさんが来た。第3陣は完走ペースは無理と思われ、自分は第2陣に付いて4ステをスイープすることに。しかし、少しショートカットしてコースを確認すると通行止めの箇所があった。ちょうど先週確認したばかりなのに…。通行止めのところは行けないことはないが普通はいけない状況だった。先行していたエントラントもいたのでどこかで戻ったのかと思い逆走して合流。この時点で19時を過ぎていたので4ステはショートカットさせることにした。CP4までコンボイで進む仕切り直すことに。ちなみに半分以上は既にCP4前にリタイヤしている。CP4で再スタートさせるところにトップを走っていたがおうさんが4ステを回って登場。その後、残りのエントラントで5ステを走り、22時ぐらいに全員ゴール。唯一の完走者はがおうさん一人だった…。

■前半、これは全員完走かなという雰囲気だったが、2ステから遅れが出て、結局完走者は一人。スタッフとしては喜ばしいか悩むところだ。自分としては通行止めのリルートの遅れが心残りだが、やはりスタッフ不足のため止む得ないか…?

■何回やっても必ずなにかあるのがELDなのかもしれない。本当に完走が難しいラリーだったりする。(スタッフ的にも) いつか完璧に進行してみたいです。

■そういえば、今年も写真を撮るのを忘れてました…。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-22 23:21 | KTM 690 Enduro

TDN2010〜ツールド長野ラリー

■先週はバタヤンさん主催のTDN2010〜ツールド長野ラリーに行ってきた。長野は直線距離では近いのだが、南アルプスが邪魔して少しアプローチしにくい場所。なかなか遊びにいく機会がないので、この機会に地元の人のとっておきのルートを味わってきた。

■今回は690EDで行ったのだが、その理由はなにやらシングルトラックやらプチアタックあるという情報を小耳に挟んだから…。外装を変えて衣替デビュー予定だったのだが、嫌な予感がするから止めておいた。まあ、ある意味正解だったのだが…。

■スタートして市街地を走ってからダートに進入。だんだん狭くなっていき、ルートはシングルトラックの上りへ。前を行くnaoさんがハマったところに一緒にハマってしまった。走りだしたそうそう徹夜明けで少しバイクを押すのは辛すぎる…。そこで結構体力を使ってしまって、朦朧とした状態になったせいか、その後もシングルトラックの袋小路に入ったりしてハマりまくり…。690EDはハンドル切れないし重いわで、ここでも重労働。…念のため言っておくますが、ルートは良く考えられておもしろくてGoodでした!個人的につまんないハマり方をしただけなんで(笑)

■初日はそんなシングルトラックメイン感じで途中倒木をくぐったりするSSもあった。その日の宿は温泉、焼肉と致せり尽せり。そして、翌日もシングルトラックや林道を走ってから、メインイベントのヒルクライムコースへ!ここはエルズベルグか!といった広大なエリア!ここを走りたかったんだよねぇ。ヒルクライムの方はラインが多彩で松竹梅と色んなレベルでアタックが出来るルートがあった。自分は最初、アドバイスに従い3速で登ろうとしたらうまくいかなくて、何回か失敗したあと、2速でトライしたら成功。ギア比が高いから他のバイクと同じようにしたらまずかったみたい。とりあえず、その場は登れたので満足。でも、もっと色々なラインもトライしてみれば良かったかと後になって思った。どうも失敗したときにリカバーに体力を使ってしまうので(あとバイクを引きずって痛めるし)、なんか躊躇してしまう。まあ、ミスしなきゃいいんですが…。

■ラリーとしてはトータル距離は短かったのですが、走り足りないといことはなく充分な満腹感はあった。二日目は15時くらいに上がって帰りに温泉…余裕を持って帰宅出来た。一泊二日のラリーとしては大満足でした。また来年も開催されればぜひ行きたい!

■ところで、今回、690EDで色んなシチュエーションを走る経験をした訳だが、やはり問題点が浮き彫りになった。シングルトラックから高速林道まで噛み合わずに切替に苦労した。時にはサスのセッティングを変えてみたがなんかイマイチ融通がきかない。理由は明らかで、まあ、何回も書いてるけど、プログレッシブ感のないオンロード脚が元凶だろう。とりあえず、まず脚回りをなんとかしないと楽しく走れないと感じた。調整しながら走ってみても、あちらを立てればこちらが立たずという状態でした。こいつも早い所サス屋さんに持っていくことにしよう。(どこかの黄色いモトクロッサーより先に…)

e0160817_018184.jpg


e0160817_0181386.jpg


e0160817_0194016.jpg


e0160817_0202226.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-06-29 00:21 | KTM 690 Enduro