タグ:パーツ ( 33 ) タグの人気記事

Baja Designs ライト

■Baja Designsの6インチ ドライビングランプを買ってみました。

目的はHP2のハイビームの光量アップ。以前、ローをプロジェクター+ハイ丸目他機種流用で使っていたが、どうもローのプロジェクターが明るすぎて、コーナーの奥が見にくかった。おかげでナイトSSのタイムも振るわない(もちろん、腕の方が大きな原因であるのは分かるけど…)。
対策としてローの光量を下げるという手もあるが、ローのみを使っている場合のリエゾン走行は結構快適なので、この環境を手放すのは惜しい。そこでハイビームの方を改善しようと高効率のレンズの購入に踏み切った訳です。

e0160817_0455076.jpg


■Baja Designsのサイトでポチって10日ほどで到着。意外だったのが、実際、手に取ってみると結構重い。分解してみるとバラストが内蔵されているせいかな?レンズも筐体もすこしずつ重いのでトータルで重量感があるみたい。バイクのフロントには付けるにはせめてバラストを取らないとハンドリングに影響ありそうだ。この辺は取り付ける上での課題ですな。

e0160817_0544725.jpg



■ちなみに海外ではシングルですけどHP2に付けている人いるようです。

e0160817_17329.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2011-06-16 01:08 | HP2 Enduro

スプリングレート

■とりあえず、手術も終わり退院しました。しばらくはリハビリ生活です。バイクはまだまだ乗れません。その間はのんびりバイクの整備やカスタムをしようと思います。

■早速ですが、G450Xのフロントフォークのスプリングレートっていくつなんだろう?

■というのも、Race Tech のサイトのCalculate Spring Rates and Display Available Springs というので最適なスプリングレートを探していたんだけど、ここで計算すると…
Recommended Fork Spring Rate: 0.466 kg/mm
Stock Fork Spring Rate: 0.44 kg/mm(stock)
となりました。
あれ?Stockより高くなるんだ?と思ったけど、大体Stockってそんなにレート低かったっけ?

■BMWのマニュアルやパーツリストのオフィシャルな資料からはデータは見つからなかった。そこでSPEED BRAINのサイトをみると、4.8N/mmハードスプリングがあってone number harder than stock と書いてある。ということは4.6N/mmがStockですか?

■一方でTOURATECHでは5.0N/mmと4.5N/mmのスプリングがあって 、We offer two spring versions for the optimum and individual adjustment of the G 450 X forks (original is 4.8)
と書いてある。ということは4.8N/mmが正しい?

大体、SPEED BRAINもTOURATECHも不等ピッチのスプリングなので、どこのレートを言っているかもよく分からないのですが…。

■ちなみにリアサスをRace Techの計算で見てみると
Recommended Shock Spring Rate: 5.443 kg/mm (use closest available)
Stock Shock Spring Rate: 5.8 kg/mm (stock)
となり合ってるっぽいです。
Race Techのサイトを信じちゃうと、Stockの設定はフロントが柔らかく、リアが硬いというチグハグな設定になっているみたいです。いくらなんでもこれはおかしいかな?

■とりあえず、山で乗ると硬いのでリアスプリングは換えようと思います。
[PR]
by hpn1043gs | 2011-05-16 23:02 | G450X

内圧コントロールバルブ

■内圧コントロールバルブ…KTM流用で付けている人が多いみたいなので、自分も付けてみた。

e0160817_038669.jpg


■早速、乗ってみるとパワーアップの方はよく分からないけど、バックトルクの緩和は効果あり。特に修行コースみたいなギャップが多く路面が荒れている場所でのコントロールが楽になった。バックトルクが強いと少しでもアクセルを戻すと車体がギクシャクするので右手首も体も凄く疲れていた。125はこの辺りが非常に楽だったんだけど。ついでにアクセル開け始めも少しダルくらいになった方がコントロール性が良くなり疲れないのだが。こないだ乗せてもらったKTMの450は少しダルで丁度良かった。これはパワコマで改善出来ないだろうか?

■内圧コントロールバルブの他で期待している効果として、エンストが少なくなるんじゃないかと思っているのだが、エンストしそうな場所…お山での走りはまだ試してないので今後に期待だ。もっとも、しばらく乗れなくなるので確認は大分後になると思う。
[PR]
by hpn1043gs | 2011-04-18 00:59 | G450X

マフラー交換

■皆さん、暖かいコメントありがとうございました。先日緊急入院してから時間も経ったので、なんとか生活落ち着いてきました。色々な都合で手術はGW辺りにやる予定です。一回で済めば良いのですが…。それまでバイクに乗れなくもないのですが、問題は昨年から頚椎ヘルニアみたいで肩が痛いこと…(こちらも接骨院に通院中)。でも、いい加減、バイクの乗りたいので来週辺りに軽くツーリングでもするか画策中…。実はこの冬はライテクDVDを色々観て研究し自分の悩んでいたライディング上の問題点が解決したのです。だから尚更走りたいですけどねぇ…もちろん、無理をするつもりはありません。

■そんな訳でバイクにも全く触ってないのですが、一ヶ月くらい前にG450Xのマフラーは交換しておきました。メーカーは色々悩んでレオビンチにしました。アクラは94dB仕様がないし、レオビンチの方がフルチタンエキマニ付きでも全然安いですから…。

■このときも肩が痛かったから、音を聞くつもりで20分くらい乗っただけで、まだよく分かりませんが、なんとなくパワーは少し上がったような気がします。音量はノーマルと同じくらいでした。公道でも乗るのでうるさくない方がグッドです。

e0160817_22116100.jpg


e0160817_22111871.jpg


■ところでG450Xの後継車とも言えるTE449はアクラボマフラー付きなんですね…。この手のEDマシンはノーマルマフラーは車検用みたいなものだから、本来の性能的にはマフラー交換は必須だと思います。だから最初からレースマフラー付きというのは親切ですね。
[PR]
by hpn1043gs | 2011-02-22 22:28 | G450X

アンダーガード

■ようやくG450Xにアンダーガード装着。このパーツ一番最初に付けたかったのだが、色々あってようやく付けることが出来た。G450Xは他のエンデューロマシンと違って、アンダーチューブがないので、エンジンが地面に対して無防備だ。クランクケースに大きなダメージがあった場合、莫大な出費、あるいはバイク生命にも関わるので、アンダーガードの選択も慎重にならざる得ない。

■さて、G450Xのアンダーガードは純正の他、ツアラーティック、SPEED BRAINなどから出ているが、今回、装着したものはGuard-it-Technologyというメーカーのもの。正直、このメーカーの詳細は分からないが、ネットで色々探していたら出てきたのでポチっただけです。そして、10日も経たずにモノは来た。

e0160817_2146201.jpg

e0160817_21473926.jpg


■実物を見ると肉厚も十分で丈夫そうで、溶接の仕上がりも悪くない。装着してみたが、ジェネレーターカーバーやクラッチカバーを保護している形になっているし、なんといっても最大のポイントはエンジンフロントにあるスターターをカバーしている構造になっていることだ。もちろん、スターターのハーネスも隠れるようになっている。ツアラーティックにしてもSPEED BRAINにしてもこの点が考慮されてなかった事が不満だった。一方で、ガードの保護部分を増やすと泥や石が溜まりやすい構造になるという不利な点もある。その対策はとりあえずスポンジで隙間を埋めてやるつもりだ。

e0160817_21581456.jpg

e0160817_21583543.jpg

e0160817_21584713.jpg


■アンダーガードも付けて安心という事で、これからは躊躇なくガレ場を攻める事が出来るだろう。週末はまた修行コースへ行ってみるか?
[PR]
by hpn1043gs | 2010-12-09 22:02 | G450X

グラフィックデカールキット

■やろうやろうと思っていたのだが、ようやくG450Xにデカールキットを貼った! メーカーは、先日、シート一緒に購入したBlackbird Racingのもの。

e0160817_1444487.jpg


■デザインは青と赤のラインが基調になったBMWのMラインをイメージするもの…(別の視点ではガンダムっぽい妙に見慣れた色合い?)。ファクトリーグラフィックキットのようにスポンサーデカールがないので、少しレーシー気分が欠けるのが難だが、これはこれでまとまっているからいいか? (室内で全体が撮れなかったので、全体写真がまた今度)

e0160817_1461439.jpg


■本当は自分も定番のファクトリーグラフィックキットを貼りたかったが、色々事情があって出来なかった。この外装がボロボロになったら次は貼ってみようと思う。もっとも、あれは赤ゼッケンなのでそこをなんとかしないとエンデューロとかで使えないけど。ちなみにあのファクトリーグラフィックキットも製作はBlackbird Racingです。こっちのキットはデザインもBlackbird Racingがしたものですね。とりあえず、このキットを使っている車両はほとんど見かけた事がないので、新鮮かつ個性的でなかなか良いかも。次回はオリジナルデザインにするという選択もアリかな?

■しかし、デカール貼るのは結構手間が掛かった。純正デカールの糊を剥がしたり、ヒートガンで曲面に合わせつつ貼るのも時間が掛かった。でも、純正よりも丈夫そうなデカールなんで耐久性もあって剥がれにくそう。今まで外装用デカールって使う機会がなかったが、この手のエンデューロマシンやモトクロスマシンを買ったら、すぐにデカール貼っておいた方が耐久性&外観的にも間違いなさそうです。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-12-02 02:05 | G450X

G450Xの燃調の話

■色々調べていたら、たまたまG450Xの燃調に追及しているサイトがあり興味を持った。ノーマルモードとスポーツモードの比較とマフラー(レオビンチとアクラボ)を換えたときのセッティングが書いてあり、今後マフラー交換を考えている自分としては参考になった。詳しくはリンク先を参照してください。↓

Tech info on the BMW G450X

Evaluating the G450X with LeoVince X3 and PowerCommander V

Evaluating the G450X with full Akrapovic system and PowerCommander V

G450X - interesting fueling results...

■気になった点を書き出してみると…

1.ノーマルモードはクローズドループ制御で、かつA/F薄め…つまり規制対策モード。クローズドループ制御とはO2センサーからフィードバックが掛かって燃調が決まるという事です。

2.スポーツモードはオープンループ制御で、A/Fはかなり濃い。しかもマフラーを換えてもまだ濃い。オープンループ制御はO2センサーのフィードバックがないから成り行き。レース用のモードでO2センサーはいらないので取っても良いです。

3.スポーツモードのセッティングは純正アクラボ専用になっている。

ここで少し勘違いしていた事だが、他のモード切り替えスイッチ付きEDマシンのように、ノーマルモードはソフトセッティングでスポーツモードはハードセッティングなどど思っていた。それは間違っていてノーマルモードは規制セッティング、スポーツモードはレースセッティングという違いだ。ここは重要で、スポーツモードはマフラー交換が必須だ(それもアクラボ限定)。しかし、問題はマフラーを換えてもまだA/Fが濃いという事だ。これはおそらくアクラボマフラーに交換した人がノーマルモードにしてもエンジンが壊れないようにしているためじゃないかという話だ。ちなみにこのサイトの人は親切で他のG450Xのフォーラムで注意を喚起していた。という事でマフラーを交換した人はノーマルモードにしない方が無難だろう。そうなるとモード切り替えはカプラーでショートさせている理由も分かる訳で、手元スイッチはなるべく付けない方が良いですね。まあ、マフラー交換前提なので手軽に切り替えちゃ駄目って事です。

一方で、これまた親切なBMWは最悪な状況でもエンジンが壊れないようにしているが、でもそれは妥協セッティングじゃないの?という話が浮かぶ。実際にパワーコマンダーで補正を入れると4.5hpくらいアップしてさらに燃費も良くなっている模様。トルクも全域でかなり上がっているようだ。

e0160817_21195989.jpg


■ところでマフラーだが、やはり低速トルクも上がるアクラボに交換したい。ただ、レオビンチは安くて静か(94dB)なんだけど、アクラボは高くてうるさいから…。軽さはアクラボの方が勝ちみたいです。
あと、これだけ燃調でゲインがあるならパワーコマンダー導入もありだと思う。パワーアップだけではなく本当のソフトモードのマップも作れて、パワーコマンダーVだったら二つマップを手元で切り替える事で出来るみたいだし。あ〜もう既に買う気になっているかも(笑)
[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-30 03:32 | G450X

ノンスリップシート

■G450Xのシートが滑ってたまらんという事で早速シートをポチッたら10日ほどで到着! G450XのシートはSpeed brain 、TOURATECH からリリースされているが、どちらもBlackbird racing のOEMだと思われる。それならばと今回はBlackbird racing から直接購入してみた。

■ノーマルのシートは燃料キャップの穴が空いているが、Blackbird racingのシートは穴がない普通のシートだ。このままだと給油出来ないので、シートがワンタッチで外れるように変更されている。いちいちシートを取って給油も面倒だが、ノーマルだとマディを走った後、キャップの周りに泥が貯まりやすく燃料タンクに泥が入る危険性もあるので、この仕様の方が現実的だろう。ワークスも使っているし。

e0160817_0452559.jpg

e0160817_050455.jpg


■ちなみにノーマルシートはシートベースがなく全てウレタンで出来ているタイプで、アチェルビスのXシートのような感じだが、関係があるのかは分からなかった。とにかくシートベースがない特殊なシートので、普通にシートカバーを張り替えるにも行かず、サードパーティーのシートを購入する羽目になった訳だ。

■シートを交換して早速跨ってみると…足を上げるのがキツくて跨がれない…。なんとなく2cmくらい高くなってないか?一応、ノーマルと同じ高さのシートを買ったつもりだったのだが…? 肝心のシートカバーのグリップは良好で全然滑りそうにない。高さは少し問題になるかな?ノーマルシートの高さで取り回しは限界だったので…。せっかく、ステップシートにしようと思って、オプションパーツもついでに買ったのに、それを付けてしまうととても跨がれる気がしない。う〜ん、これじゃあんこ抜きするしかないかな〜?

e0160817_115450.jpg


■まあ、どうなるか分からないけど、とりあえず、一回この状態で走ってみよう。あと、もうひとつ問題があってクイックリリースのクリップが少し付けにくい。ウレタンのクッションに対抗して押しこんで回す必要がある事が理由だが、これは馴染めば付けやすくなるかな?

e0160817_14159.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-25 01:08 | G450X

チュブ☆リス

■週末の某イベントに向けて準備をしている。

■フロントスプロケットを14T→13Tに交換! そしてリアタイヤはトライアルタイヤに交換!! さらにそのトライアルタイヤの性能をフルに使うためにチュブリスも導入した!!! 春に煮え湯を飲まされたので、マシンも新しくしてこのイベントに備えてきたのだ。トラクションマシンのG450Xにこの装備なら、もはや死角ナシ!と言っても過言ではないだろう。

e0160817_2341291.jpg


■チュブリス導入は少し悩んだのだが、いずれは付ける事になりそうだし、ホイールが新品のうちに作業した方が良いと判断した。きちんと付くか心配だったが、説明書通り作業したせいか特に問題なく進行し、エア漏れもなく装着。むしろ、余ったΦ8穴の処理をどうしようか悩んでしまって時間を使ったが、結局コーキング材で埋めた。予め、ゴム埋め栓を手配しておけば良かったかも。そんな感じで意外と使えそうな雰囲気。ただ、出先でパンクした場合、チューブレスパンク修理キットが必要だな。

e0160817_23414466.jpg


■少し不安があるとすれば、ギアにしてもトラタイヤ、チュブリスにしても少しテストしてから使いたかったなと。まあ、今回がテストでも別に困らないか…。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-08 23:45 | G450X

G450Xのスリッパークラッチ

G450Xのスリッパークラッチが売っていた。G450Xはマイナーだしクラッチもクランク同軸で少し特殊なので、スリッパークラッチはムリかなと思っていたのですが、Suter Clutchというブランドが出していたようだ。

e0160817_23581380.jpg


■最近はちゃんとブレーキ時には手動クラッチでバックトルクを抜いていたけど、スリッパークラッチがあると楽そうですね。機会があったら買ってみようと思う。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-15 00:01 | G450X