タグ:戯れ言 ( 47 ) タグの人気記事

マフラー交換

■皆さん、暖かいコメントありがとうございました。先日緊急入院してから時間も経ったので、なんとか生活落ち着いてきました。色々な都合で手術はGW辺りにやる予定です。一回で済めば良いのですが…。それまでバイクに乗れなくもないのですが、問題は昨年から頚椎ヘルニアみたいで肩が痛いこと…(こちらも接骨院に通院中)。でも、いい加減、バイクの乗りたいので来週辺りに軽くツーリングでもするか画策中…。実はこの冬はライテクDVDを色々観て研究し自分の悩んでいたライディング上の問題点が解決したのです。だから尚更走りたいですけどねぇ…もちろん、無理をするつもりはありません。

■そんな訳でバイクにも全く触ってないのですが、一ヶ月くらい前にG450Xのマフラーは交換しておきました。メーカーは色々悩んでレオビンチにしました。アクラは94dB仕様がないし、レオビンチの方がフルチタンエキマニ付きでも全然安いですから…。

■このときも肩が痛かったから、音を聞くつもりで20分くらい乗っただけで、まだよく分かりませんが、なんとなくパワーは少し上がったような気がします。音量はノーマルと同じくらいでした。公道でも乗るのでうるさくない方がグッドです。

e0160817_22116100.jpg


e0160817_22111871.jpg


■ところでG450Xの後継車とも言えるTE449はアクラボマフラー付きなんですね…。この手のEDマシンはノーマルマフラーは車検用みたいなものだから、本来の性能的にはマフラー交換は必須だと思います。だから最初からレースマフラー付きというのは親切ですね。
[PR]
by hpn1043gs | 2011-02-22 22:28 | G450X

しばらく休業宣言

■今までの不摂生が祟って、今年のバイク遊びはほとんど出来そうにないです。
どこかで手術しなきゃいけないはめに…

TBIも不参加、エンデューロ参戦も白紙に戻します。
北4も無理かも?

更新も大幅に少なくなりますが、よろしくお願いします。
[PR]
by hpn1043gs | 2011-02-05 16:23 | OTHER

G450X vs 530EXC

■最近、用事があったり雨が降ったりと微妙にバイクに乗れなかったが、先週の日曜日は雨の予報がずれて晴れたので、G450Xに少し乗ることが出来た。そこで久々に近所の河原に走りに行ったが、春にHP2で8の字練習していた広々としたエリアがいつの間にか草ボウボウになっていて、そこを縫うようなシングルトラックが出来ていた。河原のエリアは少し目を離すと色々変わってしまうなぁ。まあ、G450Xで練習するにはちょうど良いのでいいけど…。

■早速、このコースを走ってみたけど、よく考えて見ればシングルトラックのバンクを使って走ることは、ほとんど練習してなかったので余り得意ではない。最初、タイミングが取りづらく進入に気を使っていたが、走りこんでいくうちにに慣れてきた。さすがエンデューロマシン…基本に忠実に走ってやればちゃんと答えてくれる。走っていると車格は気にならないし、こういう地味な走り込みでも気持よく走れるので楽しいです。

e0160817_0351051.jpg


■しばらくして、修行コースも走ってみようと移動したら、そこにサワディさんが530EXCで走りに来ていた。偶然だったが、せっかくだからということで元のコースに戻って2台の比較試乗をすることに。

■以下感想…

530EXCはビッグタンク仕様だったが、それを差し引いてもG450Xの方が軽く感じる…というよりマスの集中化を感じるのかな?パワーは狭いコースだったので、上は比較出来なく低中速はほぼ互角。フロントサスはやはり530EXCが圧倒的に良いです…無敵&イージーでG450Xで最初に感じた進入に気を使うなんてことが全くなくどんな状態でも曲がれる雰囲気(こんなのに乗っていたら逆に下手になりそうな…)。逆にリアトラクションはG450Xの方が素晴らしいです。ソリッドな押し出し感がある。530EXCはフラフラってしながら前に出る感じ。でも、530EXCは全体的にソフトなサスだし疲れないんじゃないかな? G450Xはイメージはソリッド…だけど、モトクロッサーのソリッドじゃない冷やしたバターようなナイフの通るソリッドかな?

e0160817_112860.jpg


■比べてみて分かったけど、G450Xって車格と車重の割にはタイトなところでも結構乗りやすく感じたのは、マスの集中化のおかげだったんですね。まんじゅうにアンコが詰まっているように真ん中が重いので安定する感じです。

■ただし、530EXCのサスの出来の良さには完敗。530EXCも同様にタイトなところでも乗りやすいのだが、方法論が違ってサスの完成度が起因しているんじゃないかと思う。おそらく、G450Xはエンデューロシュチュエーションでは文字通り足を引っ張られそう。逆に言うとサスさえ改善出来れば、かなり良いマシンになるんじゃないかなと思うけど。

■ということで最大のライバル530EXCに対しての対策は今後も検討していきたいと思います。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-10-08 01:14 | G450X

トライアングルな悩み

■なにやら、ベストな所有台数と車種に関して議論していたら、一筆書きたくなりました。

■まず、大前提として、経験的に自分は3台所有がベストではないかと思います。4台になると金か、時間か、スペースに余裕がある人でなければなりません。つまり、整備を金で買うか?遊び時間が余っているのか?余っている土地に永久保管するのか?という選択肢が増えます。自分で整備して満遍なく使って遊ぶという意味では3台が限界でしょう。

■次に3台をどういう車種の組み合わせにするべきか?正直、これには結論が出てません。オフロード好きを大前提に選ぶならば、ビッグオフ×EDマシン×トライアルマシンという組み合わせが理知的でしょう。でも、これってオフロードは好きだけどポリシーがないように見える…少し八方美人過ぎないか?
やはり、自分としてはその車種の組み合わせを聞いただけで、その人の好みやポリシーが分かる方がおもしろいと思う。

■自分の場合、一時期、HPN×R80GS×KTM125EXCという組み合わせで所有してましたが、これは結構バランスが良かった。125EXCはコース遊び、ハチマルは林道、HPNはラリーという使い方。しかし、そこにHP2が入ってきたのでバランスが狂った。HP2がこの3台とも使い方が微妙に被っているのです。ここでHPN×R80GS×HP2という組み合わせにするものある意味潔くポリシーある組み合わせではある(この時点でのベストカードだろう)。でも、そこまで自分は達観している…あるいは潔く…それとも腕がある…という訳でもなかった(あと、ハチマル壊れた…)。そういうことでカードを切り直してHPN×HP2×KTM690EDという組み合わせにしてみたが、意外と690の楽しみ方がHP2寄りなんです。そうなるともっと軽量、運動性があるカードがほしくなるのも道理。その結果、HPN×HP2×G450Xとなりました。この組み合わせならスリーカード揃っているし、ポリシーも理解してもらえそう…少しあざといけど(笑)。

■正直、この組み合わせは自分のバイク人生でベストチョイスかどうかは分かりません。でも、HPNとHP2はガチで手放せないので、もうあまり変えようがないのです。強いて言えば、HP2の新型なんかが出た時かな〜?
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-29 00:05 | OTHER

さらば、690ED

■690EDと決別することを決意しました。

e0160817_09543.jpg


■理由は所有バイクが被っているから…。ちょうど、HP2とG450Xの間の存在で、あればあったで便利なのですが、台数が増えるとガレージが狭くなるし、面倒を見るのが大変です。個人的には3台所有がちょうど良いのかなと思っています。あと、そろそろHPNも復活させたいし。

■どうもKTMとは長く関係が続かないらしい。サスもモデファイしたし、Enduro-R風にしようと外装なんかも買ってあったのに…。心残りが無い訳じゃないが、まあここは整理しておこう。

■まずはラリーメーターを外して元に戻さないと…。問題はEXCマスク用のメーターがないから、STDのマスクに戻さないといけないかな?

■興味がある方はお声を掛けてください。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-28 00:34 | KTM 690 Enduro

ELD最終試走とバックトルクリミッター

■いよいよ今週末はELD。当日は天気は良さそうだし暑さも落ち着いて来たので、絶好のイベント日和になりそうです。でも、昨日雨が降って、遠州名物スッテン苔が生えてきたようです。今日はお休みを取って最終試走に行ってきたけど、舗装路がヤバイことになっていた…。

■今日は、個人的に試走が終わってないところを走ったので、これでようやく全ルート把握出来た。G450Xで走ると楽しいね〜というルートでした。途中、あそこをビッグで登らせるのか〜というところもあったが、最悪、少し押せばなんとかなるレベルなので、エントラントの皆さん頑張ってください。しかし、トータルでみるとなかなかタフで走りがいのあるルートになりそうです。

e0160817_20441281.jpg


■ELDルートの途中に◯音山林道というフラットでビッグでも楽しいコースがあるのだが、そこで例のバックトルクリミッターを試してみた。コーナーに向かってちょっとスピードを上げてから進入、シフトダウンして半クラッチを使わずにコーナーに入る。シフトダウンの衝撃も少なくリアも暴れず、何事も無く曲がれた。う〜ん、ちゃんとバックトルクリミッターが効いているみたい。やたらにリアが安定しているのはこれが付いているせいもあるのかな?今までバックトルクを抜く余計な半クラ操作していたから、それを止めて普通に走ってみたら問題無く走れた(^^;;; HP2だとこんな風には行かないのだが、G450Xはなんとも楽に林道が走れてしまう。トラクションも良いので、リアを流して走るよりグリップ気味で走った方がいいかも?690EDと比べても狙ったラインを走りやすい。

■しかし、インターミディエイトギヤ内蔵のバックトルクリミッターだから、見た目で容量が小さく、あんまり使うとすぐに摩耗しちゃう気がするのだけど? 本当に大丈夫なのだろうか??

■あとはパワーかな?まだ全開にしてないので分からないけど、やっぱり、HP2や690EDにはピークパワーが劣るみたいな感じだ。もっとも、690EDに対して低中速はトルクがあるので走り易いけど。一応、まだもう二段変身を残しているのでそれは後の楽しみとしよう。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-17 21:05 | G450X

オーナーズマニュアル電子データ

G450Xのオーナーズマニュアルの電子データがあったので、早速、iPhoneに入れておいた。英語版だけど十分使えるだろう(日本語版は紙で持っているし)。

整備中に締め付けトルクなんかを確認するときに便利だ…って思ったけど、よく見ると必要な部分がほとんど書いてない…。駄目じゃん…。あと、09版と10版があったけど、違うのは表紙だけ???

e0160817_259599.jpg


■締め付けトルクを調べるとなるとサービスマニュアルを入れておきたいところだけど、さすがに容量がデカくて無理か?必要な部分だけ入れるしかないか?
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-12 03:02 | G450X

G450Xの気になったところ

■前回はG450Xの良い事ばっかり書いたけど、イマイチなところもあるのでちゃんと駄目出ししておこう。

■まず、先日少し乗って帰ってきたら、エンジンがクーラントまみれに…

暑いからクーラントが吹いちゃうのは仕方ないけど、リリーフ配管をエンジンぶっかかるようにしないでくれ…。

→対策:ラジエターリリーフ配管の見直し。リザーバータンク設置。

e0160817_22474956.jpg


■エアクリーナーボックスの開口部から草とか虫とか色々入ってしまいそう…。あと、雨の日は大丈夫なのか?

→対策:とりあえず、網でも付けてみる。

e0160817_2317427.jpg


■ホーンが絶対打っ壊れそうな位置にある。

→対策:場所を移動。あるいは小さなホーンにするか?

e0160817_23195081.jpg


■シートが硬すぎる…。

→ただし、硬いけどフラットで荷重が掛けやすくコントロールがし易いメリットもある。これは乗り込んでみないと良いかどうかは判断は出来ないかな?ケツは絶対痛くなるだろうけど。

■燃焼タンクの残量が分からない。リザーブなったら警告灯は点灯するらしいがやっぱりシースルーで見えて欲しい。

→対策:speedbrainのシースルータンクに交換。

■クラッチがワイヤー式で重い。

エンデューロマシンと言えば、油圧クラッチでしょ?? クラッチ減ってもタッチの変化が少ないし。

→対策:TE449が油圧クラッチみたいなのでそのパーツが流用出来ないだろうか?まあ、最悪、マグラとかから出ている汎用油圧クラッチが使えると思う。

■細かいところだけど、パッと気が付いたところです。これは、今後、対策していきたい。他にも気づいたらメモっていこうと思う。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-09 23:33 | G450X

G450X 納車

■エンデューロマシンがほしいほしいと言ってきたが、結局コレを購入した。

e0160817_2355919.jpg


G450X …ちなみに新車です。(2年も経って新車が残っていたのが驚き?)

■毎年の新型マシンの開発競争が激しいエンデューロマシンの市場では、コアキシャルシャフトの後継機種TE449が発表された現状では既にG450Xの役割は終わっていると見てもおかしくない。元々、BMWがエンデューロマシンに手を出したのは若年層を取り込むため。一方で、ハスクを吸収、リーマンショックを経て、BMWは単独でエンデューロマシンを持つことにメリットがなくなったと考えているのだろう。実際、欧州のディーラーはBMWとハスクの合同ショップ的になってきてるとのこと。つまり、ハスクのエンデューロマシンを求める若者は隣に置いてるBMWも身近なものとなっていて将来的なユーザーとして確保されるのだろう。そうした手段によりBMWの当初の目的は果たせるはずだ。

■また、一方で日本では規制が厳しくなり、型式認定取得に切り替えたBMW Japanがグレーな形でエンデューロマシンを輸入することはないだろう。

■ということでG450XはBMW最初で最後のエンデューロマシンになったのかな〜と考えるととりあえず買っておくかという風に思った訳です。

■自分はバイクに存在理由(レゾンデートル)を求めるので、そういう意味ではクリアしているマシンだと思う。それが機構なり、歴史なり、思いなり…なにかしらバックグランドがあるバイクは飽きないバイクです。

■ノーガキはともかく先週末に納車されたので、早速、近所の河原を走ってきました。


…続く
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-07 00:34 | G450X

ELD試走と690ED

■今年の夏もELD500の試走中が進行中だ。ルートプランが大体決まったので、実際に走行していてルートが使えるか確認している訳だが、一向に終わりの見えない夏がその進行を邪魔をしている。この猛暑も大変だが、加えて林道も荒れ気味でさらに体力を使う。そんな中、HP2ではしんどいと思っていたところ、690EDがサスモディファイから帰ってきたので、早速、試走に活躍してもらうことになった。

■今回のサスモディファイの内容というと、リバルビングをして完全に仕上げてもらうと思っていたのだが、思うところがあって方向性を変えた。690EDの問題だった点はフロントが前下がりの姿勢になってしまうこと、リアサスが動かないということ。フロント側はプリロードや油面高さで調整、バネもレートを下げてたが戻した。リア側はレートを下げたバネを制作してもらって動きやすくした。とりあえず、これでオフロードバイクらしい挙動をするようになった。ガレ場でも姿勢を崩しにくくなったし、コーナーでもフロント荷重を掛けて曲がっても挙動が乱れない。ただし、まだ、動きが雑というかしっとり感がないような気がする。

■先日、試走でたっぷり250kmくらい走って思ったことがある。コントロールはし易くなったのだが、HP2や他のEDマシンとは感じが違うなと。挙動がスパッとしていて距離を走ると疲れてコントロールがすぐに雑になってしまう。あまり挙動に粘る感じがないのです。やっぱり、これってフレームに剛性がありすぎるのでは?元々、690EDは690ラリーのフレーム設計が元になっていて、その690ラリーはダートで150km/h以上で巡航するためのバイクな訳です。見た目で無駄に剛性ありまくりなトラスフレームは100km/hも出ない狭い林道やシングルトラックでは邪魔以外の何者でもない。たぶん、690は「てごわい」という感想がよく出るようだが、そこが原因ではないかと思う。もちろん、パッと乗った感じではそんなことを感じさせないような出来ではあるけど、やはり餅は餅屋で、基本的な設定が違うので、長時間乗ったりするとその「てごわさ」を感じたりするのだろう。

■ちなみにHP2は、重量を差し引けば…コントローラブルで「エンデューロ」なフレーム剛性だと思う。(逆に言うとパリダカレベルの高速巡航するには不足な剛性?)

■たぶん、フレーム構成から推測すると950SERも690EDと同じキャラ設定なのでは? …まあ、少ししか乗ったことないので分かりませんが…。


e0160817_23111574.jpg


■一応、今回はちゃんとシングルトラックルートもきっちり走ってきた…前よりは乗りやすくなってたけど…
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-02 23:12 | KTM 690 Enduro