タグ:整備 ( 20 ) タグの人気記事

シートをアンコ抜き

■ニュースを見るだけでもストレスが溜まる毎日。まだまだ落ち着きを取り戻すまで時間が掛かりますので適度に息抜きをしつつ頑張って行きましょう。

■G450Xの足着き性を改善する。現状はノーマル+1cmのシートで腰をずらして太ももで座っても片足のつま先しか着かない。コース走行だけだったらともかく、以前、お山で遊んだ時には地味に苦しくなって体が釣りそうになった。あういう場所で足が着かないとホント怖い。やはり、足着き性というのも大事なんだと再認識。

■ということでシートをアンコ抜きで対策します。ノーマルはウレタン&カバー&シートベース一体成型という特殊なシートだったが、現在のシートは社外品の普通のタイプなのでアンコ抜きも可能。以前、シート屋さんにそこそこのノウハウを教わったので自分でやってみることにした。

■まずはシートカバーを取ります。社外品の癖に結構しっかりとした作りです。
e0160817_2123737.jpg

ウレタンが結構固くお尻が痛いが、今回はその辺りの改善作業は面倒なので止めておく。
一番厚みがあるとことで6cmくらい。足着き性を考えると3cmくらい削りたい。
e0160817_2134428.jpg

まずマジックで当たりを付け、大まかにパン切りナイフで削り取る。これがおもしろいように切れるのだ。
e0160817_2174538.jpg

こんな感じか?ついでにステップシートにしてみるつもりだけど、段差の位置に悩む。
e0160817_2201554.jpg

ここからウレタンを削るのだが、アラカンというヤスリとカンナの間の子のような工具を使う。これが結構優れもので作業効率が上がる。
e0160817_223327.jpg

シートの高さを下げると幅が相対的に広がるので、サイド部も削ってやると良い。
e0160817_226474.jpg

削っては座ってみて高さと幅、段差を調整する。自分の納得の行くまで作業が出来るのがDIYの良いところ。
e0160817_2271610.jpg

形が仕上がったところでシリコンコーキング材を表面に塗る。シートのウレタンは食パンの耳のように表面が固くなっているが、削ると柔らかくボロボロになり易い部分が露出するから、その対策。防水効果もある。
e0160817_2295058.jpg

次にシートベースに穴を空ける。防水対策も実は水抜け穴が大事。穴がないとウレタンが呼吸できないし、水も抜けない。この後、ウレタンとシートベースときちんと接着するのが基本だが、また後で分解しそうなので今回は止めておく。
e0160817_2323780.jpg

あとはシートカバー貼って出来上がり。最初、ハンドタッカーを使ったのだが、引っ張りながら針を刺すには手が三本必要だった…。ムカついてエアタッカーを買ってしまった…後悔はしていない。(マジ便利)
e0160817_2373499.jpg


■これで足着きは腰をずらさずに片足のつま先が着くようになった。修行コースを走ってみたけど安心度が全然違う!ウッズでタイトなコーナーで足が着ける。今までは足を着こうとすると転けていたから。重心も少し低くなって安心度が増した。これでお山のウッズでも効果あると良いな。ステップシートはもう少し段差がある方が良いかも? ただし、これ以上高くすると脚が引っ掛かって跨がれなくなるのが問題だ。細かいチューニングはしばらく乗って評価してから考えよう。
[PR]
by hpn1043gs | 2011-04-07 02:45 | G450X

サスモデファイの記事

■珍しくBMW BIKESを立ち読みしたら、自分的タイムリーなG450Xのサスモデファイの記事があった。それは小池田G450Xのサスをモデファイしたケンズパワーによる記事である。モデファイ内容も詳しく書いてあって、なるほどという内容だ。

e0160817_054174.jpg


■ケンズパワーの見解ではノーマルのG450Xの公道走行を考えて初期作動抑えていると書いてある。G450Xの開発コンセプトとしては公道を移動してコースへ走りにくシュチュエーションも考えているため、あまり、初期作動を良くすると車体ピッチングが激しくなる。不特定多数のユーザーを考慮すると公道では危険なため敢えて抑えてあるんじゃないかという意見だった。もちろん、これはエンデューロユースには不利になる設定である。しかし、自分が乗ってた感じではダンピングの設定を少し落とすと途端に初期作動が良くなる。なるほど、そういうの調整をすることで、オンロードユースとオフロードユースの両立を図っているということか?ただし、オフロードオンリーで考えると、コンプレッションを上げても初期はちゃんと動いてほしい。高速でダートを走っても細かいギャップは初期ストロークでいなして、大きなギャップに突っ込んでもちゃんと底着きしないようにしてほしい。ノーマルの状態ではその両立が難しいようだ。

■このサスってなんか良いような悪いようなイマイチ判断出来なかったが、その理由がやっと分かった。自分は林道を軽く走った程度でまだそんなにハイスピードなダートを走ってなかったせいだろう。
スピードの出ないトレイルやウッズならダンピングを緩めておけばビギニングもちゃんと動いて十分走れるが、80km以上出るようなハイスピードダートな状況だと破綻するのかも?今度、河原で試してみようっと。

■ところで、ケンズパワーさんのモデファイは、なかなかお手頃価格だし、小池田さんがセッティング出しているし、もうここに頼んだ方が手っ取り早いような気がしてきた。どうするかなぁ?
[PR]
by hpn1043gs | 2010-12-21 01:35 | G450X

フロントスプロケット交換

■昨日は軽くフロントスプロケット交換なんて書いたけど、G450Xはコアキシャルシャフトなんで、フロントスプロケットを交換するのはスイングアームを外す必要があって面倒なんです。やはりG450Xに乗るにはそこは避けて通れないので頑張って自分でやってみた。

e0160817_0362053.jpg


■これでリンク式だったらもう泣いちゃうけど、幸いサスペンションはリンクレスなんで助かります。やっぱりリンクレスの良いところは整備が楽なところだな。プログレッシブよりこっちの方がメリットあるかもね。それはともかく、スイングアームを外してみたらシャフトがやたらに細い。こんなので大丈夫かなと思っていたら、大丈夫じゃなかった。かなり当たりがきつい箇所がある。当たりがきついというより、表面処理の皮膜が剥けてムシれていた。ちょうど、フロントスプロケットが回転する辺りか?たぶん、少しスイングアームシャフトがたわむと回転部分と当たるんじゃないかと思う。それにここはグリスの充填があまり良くないところみたい。グリス用の穴はもう少し外側に空いているけど、問題の箇所までなかなか充填されそうにない。かと言って穴を当たりの強いところに移動させると、力が掛かるところだから、ちょうどそこからクラックが入りそうだ。

e0160817_0432636.jpg


e0160817_0365390.jpg


■ディーラーに聞いてみると他の個体も全部こんな感じみたいです。根本原因はシャフトが細いせいだろうし、潤滑も良くないし対策も難しいなぁ。一応、表面処理を変えてWPC+DLCを試してみたい。調べてみたら個人向けでもやってくれるところがあるみたいなんで。

■実際、フロントスプロケットを交換みた感想。作業的には面倒ちゃ面倒だし時間も掛かったが、慣れてコツが分かればもう少し早く出来ると思う。そういえばBMWのワークスチームでも20分掛かるらしい。とにかくスプロケに限らず、スイングアームシャフトの方はグリスアップや交換を早いサイクルでやる必要があることが分かった。いずれDLC処理してその対策効果も期待するにしても、しばらく何回かこの作業を繰り返す羽目になりそうだ。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-11-10 00:42 | G450X

G450X 初回点検とガンダム大地に立つ

■先日、初回点検の為にG450Xをディーラーに持ち込んだ。時間は8H、距離は約400km走行。オイル交換と増し締めなど基本整備をやってもらった。メカニックさんによるとチェーンが少し伸びていただけで特に問題はなかったということです。冷却水のリリーフが多い問題は、ラジエターキャップの国内在庫がなかったため、お店にあった他のG450X(M田さんがTBIで使ったやつ)のものを移植して様子を見ることに。

■整備している間、待ち時間が長かったので、洗車をしている某県民と雑談(&苦労話)をした。色々合ったようだが、とりあえず元気そうだ。その後、近所にある等身大ガンダムを観に行くことにした。スクーターを借り行ったらすぐに着いた。夏休みが終わった平日なので、さすがに会場も空いている。それでも休日は駐車場がなくて、ディーラーさんの近くから歩いている人がいるという。

■噂に聞いていたが実物を見ると本当にでかい。近づくと足や股の間しか見えない。その足なども結構精巧に出来ていて、関節部分やマーキングも凝っている。よくこんなモノ作ったと関心。子供の頃、ガンプラにハマったが、こんな形で実物大モデルが見れるなんて思いもよらなかった。

e0160817_2274484.jpg


■もしこれがデンドロビウムだったらどこまで大きいのだろうか?妄想しつつ、ギフトショップに入った。なんか実物大に感化されて久しぶりにガンプラでも買っていくかという気分になったが、1/144モデルしかなく、これがまた小さいのだ。こんなに小さかったっけ?という残念な気持ちになって結局買わずじまい。ここは大きいモデルが売っていれば買うというのが人間心理だろう? 商売が分かってないような気がする。

■G450Xの方はこれで全開にしても大丈夫かな?まあ、徐々に全開も使っていこうと思う。エンジンオイルもモチュール300Vにしてもらったし、回してみるのが楽しみだ。そういえば、フルパワーモード切り替えスイッチも付けておこうかな?

e0160817_222264.jpg

[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-23 22:26 | G450X

ハンドル交換

■今週もELD最後の試走で林道走ってきた。まあ、ほとんどG450Xの慣らしが目的だったりして…。

■ルートは先日降った雨のおかげでクレバスが深くなったり、岩盤が露出してきたりとイイ感じに荒れが激しくなっていた。きっとエントラントの体力を適度にそぎ落としてくれるんじゃないかな?そんなところもG450Xだと690EDよりフロントがヒョイヒョイ上がって楽なんだけど、外装にステッカーを貼るためにまだ転けられないと思うと思い切りいけなく少し緊張気味に走っていた。

■そして、当然、林道も走ってきた訳だが、さすが450でパワーもあり、なかなかおもしろそうな感じ…としか言えないのは慣らしなので最後までアクセルを開けれないから。早く全開にしてみたいなぁ。アクセルを開けなくても、体の向きに合わせて車体も自然にターンしていく感覚は楽しくて仕方ない。

■サスも少しいじってみたけど、やはり、色々と悩みそうではある。もっとも、690EDみたいな迷路に入り込むような事態にはならないと思うけど。現状でも走っていて十分おもしろしいし。最初から最高なモノより、少しずつ良くしていく方が飽きないでおもしろい。勿論、そのモチベーションを支えるにはポテンシャルを感じたり、想入れがほしかったりするが。

■あと、今回はハンドルを換えてみた。今回と言っても買って乗る前に換えたんだけど。せっかく買ったハンドガードがノーマルハンドルには微妙に合わなくて付かなかった。どうせ、ハンドルも換えるだろうから、すぐに購入し取り付けた。サイズは定番のCR-Hiだが、ノーマルに対して高さで30mm、絞りで18mmくらい変わっているはず。ノーマルはゲルマン民族用で絞りの少ないマグラのハンドルですから(ほぼKTM純正と同じサイズじゃないかな?)。

■あと、グリップは自分定番のプログリップのラリー用(ただし、スポンジではなくゴム製)。みんな、振動対策でスポンジグリップを付けるけど、スポンジグリップは硬化しやすいし、滑りやすいので握力も必要になってくる場合があるから。いつも使っているから買い置きがあった。

e0160817_0252153.jpg


e0160817_0253178.jpg


■さて、ハンドルは高さ、絞りとも良好で、スタンディングでもシッティングでも大丈夫そうだ…さすが定番のCR-Hi。ちなみにローシートは比較的柔らかいらしいけど、仮にローシートに換えたらハンドルが相対的に高くなってしまう。それじゃ駄目なんでハンドルを低くすると今度はスタンディング状態時にハンドルが低くて疲れるみたいな事態になってしまう。つまり、シートは下手に換えられない。

シートは硬いけどしばらくはノーマルシートで頑張るつもり…。 コントロール性は良いというメリットもあるし、いつかヘタって馴染んでくれるらしいし。もっとも690EDの方がケツが痛くなるのが早いので、それよりはマシだったりするんだけど…。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-14 00:36 | G450X

G450X メンテナンスサイクル

■せっかく新車で買ったので、しばらくはG450Xの整備記録、忘備録を付けてみる。

■G450Xはレーサーなので走行時間でメンテナンスサイクルが指定されている。

・2時間…初回点検
・5時間…ここまで慣らし
・10時間…点検作業+オイル交換+バルクリ調整等
  以後10時間ごとに上記作業
・70時間…拡張サービス(OH)

車体の整備は当然として、エンジンは壊さないように注意しないといけないです。ただし、それも回転数と燃焼圧の負荷に比例しますので、常にレーシングモードで走ってない限り、OHタイミングは伸ばせると思う。ただし、チタンバルブ寿命はバラツキがあるので要注意でしょう。とにかくオイル交換はまめにしとくってことで。

■それで、まだ少ししか乗ってないのですが、第一印象として…

すごく乗りやすい!

フレームが靭やかなせいか体を向けた方へすっと曲がっていく。噂通り、リアのトラクションが良くてリアでの車体コントロールがし易い。そのせいかショボイと予想していたフロントサスもそんなに気にならない。サス自体は腰のあるハードセットだけど、初期がキチンと動くので安定しつつ、ガレ場でも楽に走れる。この辺りはKTM530EXCでも感じたまさにエンデューロマシンというところ!

肝心のコアキシャルシャフトだけど、チェーンがバタつかなくスムースですね。普段シャフト乗りな自分はチェーンのバタ付きと騒音がうざかったのですが、それがないのが良い。

エンジンは低速トルクがあり、スタートさせた瞬間、ヤバ〜こんなのシングルトレイルで扱えるかな?と心配したけど、少し慣れたらコントロールしやすく感じてきたので大丈夫かな?530EXCはアクセル開け始めがマッタリでどこでもコントロールしやすかったけど、この点もエンデューロマシンの評価ポイントです。

■とにかく乗っていて楽しい〜。というのもリアの挙動がOHV−GSを彷彿させるようなゲレンデシュポルトな感じ(説明しにくい…)。前に押し出すようにトラクションして、かつコントローラブルなリア…これってレイダウンサス+ロングスイングアームだからかなぁ? HP2にも不足していたこの感覚はずっと求めていたけど意外なマシンで見出したような気がする。今後はもっと乗り込んでこの楽しさの理由は解明して行きたい。

e0160817_0293663.jpg


■G450Xは思った以上にエンデューロマシン的で完成度も高くて安心した。最近のエンデューロマシンはどれもレベルが高くなってきたが、負けず劣らずな出来と言えるでしょう。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-08 00:29 | G450X

オイル変更

■HP2のオイルだが、最初はアマリー、しばらくしてモトレックスのBOXER4Tを使っていたのだが、どうもBOXER4Tの入手性が悪くなってきたので、次は広島高潤のKZ飛竜 15W-50を入れてみることにした。

■アマリーは鉱物油、BOXER4Tは半合成油だったが、KZ飛竜は100%化学合成油である。BOXERエンジンの場合は慣らしが鉱物油、その後、化学合成油を使ってもOKとマニュアルに記載がある。油膜の強さでは化学合成油だが、なじみ性と耐オイル漏れでは鉱物油の方が優れているのでこのような設定なのだろう。空冷なので粘度は高めのものにしておいた。

広島高潤は125EXCの2ストオイルでは愛用していたが、4ストオイルでは初めて。評判も良いようだし実際の変化がどうなるか楽しみだ。現状より、もう少し上で伸びる感じが出ることを期待している。

e0160817_21484737.gif



■ところでTBIからやっとHP2の整備に手を付けた。実はリアサスもOH&リバルビング済み。今使っているリアサスはオーリンズだがプログレッシブ効果があるリンクレスサスである。WPのPDSサスと同じ2室式でプログレッシブな動作をさせているが、WPと違い片方のオイル室が小さくなっているため、比較的プログレッシブな動作になりやすく出来ているらしい。それでもリンクサスに比べるとイマイチなため少し改善してもらった。こちらも試走が楽しみである。

■他にも壊れたり、未整備なところを直していたら時間切れになってしまった。果たして来週には乗れるだろうか?
[PR]
by hpn1043gs | 2010-07-11 21:59 | HP2 Enduro

フォークオイル

■フォークオイルですが、お世話になっているプロジェクトサイエンスのフォークオイルを使っています。1800cc缶があって値段も手頃、ストローク時の抵抗も少なくスコスコ動きます。

■…でも、動きすぎているような気もする。以前も書いたけど、なんとなくコーナリングでフロントが落ち着かなくてアクセルが開けるのが遅くなる。でも、コンプを強くすると初期の動きが悪くなってガレ場が辛くなる(特に中腹林道w)。う〜ん、悩ましいところだ。

で、フォークオイルですが倒立なんで5番相当のW5-TWOを入れていた。でも、よくよくHP2のリペアマニュアルを読むと10番が指定されている(固い場合は7.5番とも書いてある)。ということは10番相当のW0-TWOを入れた方が良いかもしれない。ちなみにハチマルのスポーツサス(マルゾッキのインナーカートリッジ)にはW0-TWOを入れていて、そのときは問題なかった。HP2のフォークも倒立の違いはあるが、マルゾッキで同じような構造でした。プロジェクトサイエンスフォークオイルの説明には「ゆっくりした動きのときはW5-TWO並」とか書いてあるから、たぶん良さそう。

とりあえず、フォークオイルの粘度変更してみようと思う。TBI本番前で少しリスキーな気もするが、今年は準備不足のついでだから、まあいいや…。

e0160817_255146.gif


■しかし、このしょぼいフロントフォークを早くなんとかしたいところ。でも、まともにリプレイスすると高級フロントフォークとトリプルクランプ(特注)でいくらになるやら…。なんて悩んでいたら、もう少し現実的な方法を見つけた。ただ、トライするには少しリスキーな事でもあるんだよなぁ。これは理由もあってとりあえず秘密にしておこう。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-04-06 02:20 | HP2 Enduro

TBI準備…は全然出来ていない。

■忙しくてTBI準備が全然進んでいない。先週、通販でまとめ買いしようとしたが、欠品入荷未定ばかりで参った。

タイヤ…MT21 130/80-17 欠品
エンジンオイル…モトレックス ボクサー4T 欠品
レインスーツ…ラフ&ロード RR5232 デュアルテックスレインスーツ シルバー BL 欠品→色違い有

レインスーツは色違いがあったし、エンジンオイルは今日、近所のお店で見つけた。問題はリアタイヤでT63にするしかないかな〜? もっとも17インチなので他に選びようがないのだが…。T63は横グリップがイマイチなのであまり好きじゃないのです。こんなことなら早めに18インチに変更しておけば良かった。

■あとは整備だけど、いつもやっている各種オイル交換は当然やるとして、スパークプラグ交換とフロントフォークOHはやめておくことにした。去年はそんなに乗ってないのでまだ持つでしょうという判断。フロントフォークはオイルの交換だけにしておこう。他の装備は変更してないからたぶん大丈夫だと思う。

■そういえば、エントリーですが昨日やっと出した。ギリギリ月曜日には着くはず。

■あと、本番まで週末が3回しかない。でも、来週も他にすることがあるので、ほとんど2回分しかないんだよなぁ。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-04-05 00:34 | HP2 Enduro

ユーザー車検受けました…。

■昨日、HP2の車検を取って来た。

■前回の車検では光軸に引っかかって6回も受けてしまったので、適当にやっていたら永久に受からないとまずはテスター屋へ。お昼休み中だったので待ち時間20分、調整3分でしてもらった光軸の代金は3000円…。業者さんだともっと安いようなのだが…。

■次は受付。以前、車検を受けたとき、整備記録簿の書式に文句を言われたので、今回も車検場で買おうとしたのだが売ってなかった。なんと3キロ離れた自家用自動車協会とかいうところに売っているとのこと…。2年前は買えたのになぜそんな面倒なシステムになったんだ…。ちょうどお昼の道が混んでいる時間で焦りながら買いに行った。現地に着いたら、なんでこんな無駄な事になっているのか思わず問い詰めようとしたけど、暇そうにしていた協会の受付のおばちゃんが結構親切に対応してくれたので止めておいた。ただ、親切なのはありがたいが私が急いでいるということを認識してくれなかった様子だったが。この協会もどうせ天下り先として作った団体だろう。

■結構時間が掛かって車検場に戻ってきた。予約したラウンドはもう終わりそうだ。急いで残りの書類を揃えて受付をする。そして、ようやく検査を受ける。その検査の方だが、昨今、ユーザー車検でも煙たがれなくなったが、それでも案内等がイマイチ不親切だと感じた。誰もいなくて勝手にやってくださいという状態。これだといくらでも不正が出来そうな…こんなんでいいのか?あと、人員も掛けれないというのはしかたないとしても、案内書きが分かりにくくて困った。しょうがないので2年前のうろ覚えな記憶で受けてみたが、2輪レーンは専用になって設備と建家が新しくなっていたし、案の定、ブレーキテストで操作を間違えて×をくらう。最近、1日で受けれる回数制限(3回)が出来たらしいのでまた焦る。ついでに結果を記録する機械も動かなくなるし…。まあ、そんなことがあってもバイクの方は全く問題はなかったので無事終了。ちゃんと覚えてればルーチンワークで簡単なんだけど、いつも忘れた頃に受けるから微妙に戸惑います。

■受付に戻って車検証を発行してもらう。もらってから何気なく内容をチェックしていたら、走行距離の記載が23000キロが123000キロになっていたのを発見…どうやらOCRの読み違いらしい。すぐに気づいたおかげで面倒にならずに良かった。日頃のリスク管理の癖が身に付いていて良かったかも。

■なんだかんだでHP2の車検は取れたので、週末から本格的にTBIの練習が出来そうだ。ちょっと遅れ気味だったので焦っていましたから。まずは近所の林道へ走りに行くかな?
[PR]
by hpn1043gs | 2010-02-18 00:34 | HP2 Enduro