<< G450X 初回点検とガンダム... ELD最終試走とバックトルクリ... >>

ELD500 2010 スタッフ記録

■いよいよELD500本番。天気は快晴で路面状態も良好。スタッフは前日にミーティングで配置を検討。常任スタッフのJJさん、T代さん、kawaseさんに加え、K92さんが臨時スタッフとして参加。私も含めて5人体制で挑むことになった。夜21時からブリーフィング。今年のエントラントは総勢14名。

■当日は4時半ブリーフィング、5時スタート。一応、排気量とクラス分けによるスタート時刻を設定。全体の進行がバラつかないようにする配慮。自分は見学のSS木さんを連れて1ステのスイープを担当。途中、ブラインドチェックのJJさん、1ステ難所監視のkawaseさんと合流。その後、またソロでスイープしてたが、CP1前15キロ地点で慶山さんが腕の怪我で頓挫しているところを発見。とりあえず、タンデムで舗装路まで連れてから、CP1までトランポを取りに行った。負傷者とKLEは回収して、JJさんに引渡しキャンプにまで連れていくことに。

■SS担当のJJさんがいなくなったことと、3ステ先行偵察に行ったkawaseさんの報告により、SS区間がクリアにならないとのことで中止を決定。CP1(2も兼)担当のK92さんによるとまだ誰もループコースである2ステをクリアして戻ってないという。2ステは別名T代山と言われるある意味地獄区間。難所監視担当のT代さんからもなかなかエントラントがクリアした報告が入ってこない。その後、一時間くらい経ってから、がおうさんがCP2に到着。また一時間くらい経ってから4〜5人のエントラントが到着した。この時点で予想より一時間半以上の進行遅れ。2ステがなかり厳しかったのだろう。

■進行遅れに合わせて自分もCP3に向かう。もちろんショートカットしている。CP3に着いてから一時間くらい待って、がおうさんが到着。かなりハイペースを守っているがさすがに少し疲れがみえる。その後、ショートカットしたA井さん、まふりかさんが到着。さすがにしんどくて完走は諦めたらしい。第2陣のエントラントが到着前にCP要員交代としてJJさんが来た。第3陣は完走ペースは無理と思われ、自分は第2陣に付いて4ステをスイープすることに。しかし、少しショートカットしてコースを確認すると通行止めの箇所があった。ちょうど先週確認したばかりなのに…。通行止めのところは行けないことはないが普通はいけない状況だった。先行していたエントラントもいたのでどこかで戻ったのかと思い逆走して合流。この時点で19時を過ぎていたので4ステはショートカットさせることにした。CP4までコンボイで進む仕切り直すことに。ちなみに半分以上は既にCP4前にリタイヤしている。CP4で再スタートさせるところにトップを走っていたがおうさんが4ステを回って登場。その後、残りのエントラントで5ステを走り、22時ぐらいに全員ゴール。唯一の完走者はがおうさん一人だった…。

■前半、これは全員完走かなという雰囲気だったが、2ステから遅れが出て、結局完走者は一人。スタッフとしては喜ばしいか悩むところだ。自分としては通行止めのリルートの遅れが心残りだが、やはりスタッフ不足のため止む得ないか…?

■何回やっても必ずなにかあるのがELDなのかもしれない。本当に完走が難しいラリーだったりする。(スタッフ的にも) いつか完璧に進行してみたいです。

■そういえば、今年も写真を撮るのを忘れてました…。
[PR]
by hpn1043gs | 2010-09-22 23:21 | KTM 690 Enduro
<< G450X 初回点検とガンダム... ELD最終試走とバックトルクリ... >>